お知らせ


HOME > メディア情報・講演

‘FAPホワイトニング’ タグのついている投稿

HBCテレビ 朝ビタ FAPホワイトニング取材

カテゴリ:タグ: , , ,
メディア情報・講演,メディア情報   2006年3月23日

HBCテレビ「朝ビタ」でFAPホワイトニングが取材されました。

キャスターの渕上紘行さんにFAPホワイトニングを体験していただきました。

佐藤院長
「タバコを吸う方はヤニで歯が汚れます。また、コーヒー、紅茶などタンニン系の物で汚れやすくなります。
ブドウやリンゴなどの(果物の)酸によって、カレーなどの着色を呼び込んでしまう。
また、年齢とともに歯の色がくすんだり茶色っぽくなることがあります。」
「FAPホワイトニングとは、白くしたあとにフッ化アパタイトを吸着、コーティングしていくことで、虫歯予防効果もあり、歯をより丈夫に、より白くしていこうということを考えたホワイトニングなんです。」

ホワイトニング体験者
歳を重ねるごとに歯が変色してきたという女性
方波見いおりさん
「白くなることで自身が出るような感じになりました。」
「前よりは人前で自身を持って笑えるようになりました。」
渕上さん
「それだけ口元って自分でも意識していることろですものね。」
方波見さん
「はい、もう大満足です!!」


歯がどれだけ白くなるのか渕上さんに体験していただきました。
本来は5回続けて行うホワイトニングを渕上さんに1回体験していただきました。

1.まずは、フッ化アパタイトという歯と同じ成分を吸着させる薬剤を歯の表面に塗ります。
2.全体に塗り終わったらそのままの状態で15分おきます。
3.そこで、塗ったフッ化アパタイトをへらを使って丁寧に取り除いていきます。
4.もう一度、同じ薬剤を全体に塗って、さらに15分おいた後取り除いたら終了です。

渕上さん
「どうなりましたか?」
鏡を見て「あー白くなりましたねー!!」

院長
「表面がツルツルした感じにだと思うんですよね。。もっとやるとさらに光沢が出ますよ。」
渕上さん
「これはどれくらいしろくなったんですか?」
院長
「5回のうち一回ですけど3段階白くなりました。」
「最初はA3.5から今見るとA3になっています。」(歯の色見本を見ながら)
渕上さん
「これは回数を重ねると本当にどんどん白くなるんですか?」
院長
「白くなるスピードは歯の質によっても違いますから、5回だけではなくて10回、一番する方は20回までする方もいらっしゃいます。やればやるほど歯はツルツルしてくると思うんですね。」
渕上さん
「一時間も掛からずにこれほど効果が出るのはいいものですね!」

FAPホワイトニングポスター制作

カテゴリ:タグ: , ,
お知らせ   2005年8月1日

2005年(平成17年)8月

当クリニックオリジナル「FAPホワイトニングポスター」制作。


制作 寺島デザイン制作室

モデル 劇団ひまわり

ヘアメイク 鈴木晶子さん

和やかな撮影風景
tera2 tera3

tera4tera1

出来上がりのポスターです。

tera06

スポーツニッポン ホワイトニング記事で院長にインタビュー取材

カテゴリ:タグ: , , , ,
メディア情報・講演,メディア情報   2004年11月5日

2004年(平成16年)11月5日
スポーツニッポンの記事の中で当クリニック院長の佐藤が取材を受けました。

スポーツニッポンの
「男性諸氏、元気歯つらつぅ、新庄スマイル火付け、意外な移転効果、新美白治療大人気」
の記事中にて、当クリニック院長の佐藤がインタビューを受けました。

輝くばかりの日本ハムの新庄選手のスマイルに魅せられて、FAPホワイトニングで歯を美しくしようとする男性患者、特に外回り(営業)の患者さんが増えているといった内容です。

掲載された院長のコメント
「歯は健康のすべての源。新庄さんのおかげで意識が向いて北海道が元気になるんじゃないでしょうか?」

sinjosmile

記事より

スポーツニッポン 2004年(平成16年)11月5日

新庄スマイル火付け
男声諸氏 元気歯つらつぅ
「夢をつかめ日本ハム」
意外な移転効果いろいろ

日本ハムの北海道移転は、経済や道民文化などに影響を与えた。新庄スマイルに見せられたサラリーマンが歯科で美白ならぬ「美歯」に励むようになり、仕事が一気に急増した野球解説者もいる。知られざる、l意外な移転効果を探った。
ちなみに8日は「いい歯の日」

写真コメント
「入団会見で見せた輝くばかりの新庄スマイル!!まばゆい白い歯に見せられた男性が歯科治療に殺到した。」

「あやかりたい」と歯科通院
新庄のきらっと輝く白い歯に悩殺されたのは何も女性に限らない。札幌市内ではホワイトニング治療を施してくれる歯科で、男声のニーズが急増している。幸健美歯科クリニック(札幌・北2西3)の佐藤嘉則院長は「外回り(営業)関係の人が、新庄さんみたいになりますかね、と治療に来るケースが増えている」と証言する。
同クリニックは札幌市内で初めて歯の表面を削らず、フッ化アパタイトと呼ばれる強化カルシウムの結晶で覆う方法(FAPホワイトニング)を導入。3月の開院直後はあまり知られないこともあって男性患者は少なかったが、日本ハム人気の高まりと比例して来院者が増えているという。
「ヒーローは僕じゃない、(スタンドのみんなです。」「バッティングって簡単。元気はつらつぅ~」。ちょっと緩め?の
口元できらめく歯が、名言、迷言の数々を輝かせた。佐藤院長は「歯は健康のすべての源。新庄さんのおかげで意識が向いて北海道が元気になるんじゃないでしょうか」と期待をこめる。

引用終わり

札幌初 FAPホワイトニング認定医

カテゴリ:タグ: , , ,
FAPホワイトニング,お知らせ   2004年6月1日

2004年(平成16年)6月

札幌初、FAPホワイトニングの

認定歯科医になりました。

FAPホワイトニングは日本初の特許技術です。

メラニン色素の多い日本人のために開発されたホワイトニングです。

フッ化アパタイトを結晶化させるので、
歯をコーティングし、強く、虫歯になりにくくします。

さらに歯をより白く、なめらかにし、後戻りが少ないのです。
幸健美歯科クリニックは札幌ではじめての

画期的なFAPホワイトニング認定歯科クリニックとなりました。

FAPホワイトニングについて

FAP美白歯科研究会ホームページ

上に戻る

アーカイブ