お知らせ


HOME > 頭痛

‘頭痛’ タグのついている投稿

あごこりは顎関節症予備軍?(NHKガッテン!より)

カテゴリ:タグ: , , , ,
頭痛,あごずれ・かみ合わせ治療,お知らせ   2019年7月1日

日本人に警告、新時代の驚異あごこり

6月のNHKガッテンで、『あごこり』というキーワードで、顎関節症の危険性について、放送されてました。同じ日の『今日の健康』でも、顎関節症がテーマでしたからとても注目されているようです。
日本で、顎関節症に悩む方は1900万人もいるのだとか!

口が3.5mm以上開かないと危険な徴候

番組では、約35~40mm、自分の手の指が縦に3本入るかどうかを基準としていました。どうですか?試してみましょう。自分の指が縦に3本、第二関節まで入りますか?

4本入る方もいらっしゃるようですけど、問題なのは2本以下、1本又は0本という方が番組で調べた1000人中182名いらっしゃいました。

口が開かない方は、開けようとすると痛みが伴っているようでした。

顎関節症の診察、治療における明確な指針がなかった??

番組内で、昨年発表された一般社団法人日本顎関節症学会からの顎関節症治療の指針が紹介されていました。ということは、日本でこれまでは明確な指針がなかったと言うことらしいです。

以下、引用
「顎関節症治療の指針2018」

わが国では、顎関節症の臨床における統一された診察、検査、診断、治療についての明確な指針が示されていないため、患者の増加にもかかわらず、共通の適切な認識に基づいた治療実施できる医師が少ないのが現状である

その事業に対する考え方は、世界的なコンセンサスが得られてきており、日本においてもこれに準拠した標準的な治療指針の作成が必要である。そこで本学会でも顎関節症の標準的な診察、検査、診断および治療の姿勢指針作成が急務であると判断し現時点における治療の指針を作成することとした。
引用終わり

あごの音や痛みを放置して、悪化させると様々な症状が

大きい音が鳴る、口が開かないため食欲不振になってしまうなどの症状をお持ちの方々が結果として、
・頭痛
・肩こり(首や頭にかけて広範囲に)
・口が開かない(食べることが楽しめない)
・不眠(起きられない)
・神経質になる(性格が悪くなり周りの人を遠ざけてしまう)
・食欲不振(拒食症の症状)
など

人生においても多大な影響が出てしまいます。

顎関節症の治療の指針

以前は、重症な顎関節症の場合は、かみ合わせの位置を整えるために歯を削ったり、あごを切り開いて関節の中の手術をしなくてはならないことも会ったそうですが、指針では運動療法が推奨されているそうです。

あごのメンテナンス。あごの筋肉の血流を良くする。

運動療法として、番組内では、歯科医院においてあごを正しい方向へ開けるトレーニングをしていました。

自分でできる顎関節症の運動療法のメンテナンスは、あご筋をほぐすやり方です。

1.手で両あごを触ってみて、噛み締めた時に動く「咬筋」を8回くるくるとマッサージ。
2.手でこめかみを触ってみて、同じく噛み締めた時に動く「側頭筋」を8回くるくるとマッサージ。
3.上を向いて大きく口を空けて5秒間。そして閉じる。それを3回。
幸健美歯科クリニックの佐藤嘉則院長からのアドバイスは「上を向いて口を大きく開けて、閉じる時に下のあごを手で奥に押し込むようにすると、首が楽になります。』お試しください。

生活習慣で、顎関節症を予防。

ものを噛む時、仕事をしているときの、あごへの負担を測ったデータが紹介されました。
食べている時に、噛むたびにあごへかかる負担は、自然なものです。

ただし、集中作業(特に、パソコン仕事、スマホ操作)時には、弱い力での噛み締めの緊張状態が長時間続くという特徴がありました。これが、現代の顎関節症の原因の一つです。

無意識に力が入って、上下の歯が当たってしまって噛み締めていると、顎関節に負担がかかります。常に、上下の歯の間が自然に開いていることを意識することが大事です。

舌を上あごの真ん中に常に当てて置くことも、歯が上下に閉じない効果があります。更に、口呼吸を防ぐ効果もあると言われているんですよ。

あごのリラックスを心がけて、顎関節症を予防しましょう。

院長の著書

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

顎関節症とは?ここが変だよ。誤解だらけの「顎関節症」ーー「顎関節症」の治療で頭痛、首コリ、肩こりがなどの改善を期待しては、いけない本当の理由

カテゴリ:タグ: , , , , , ,
お知らせ   2018年11月14日

実は、「顎関節症」は顎関節の不具合についての極めて漠然とした病名なのです!

●アゴの不具合「顎関節症」

口を開けるときに痛い、音がする、開きづらいなど、あごの不具合が起きる病気として「顎関節症」はかなりポピュラーな名称として一般の方々にも知られるようになりました。
歯科の世界においても、虫歯、歯周病に次いで第三の病気として認知されています。

●増加する「顎関節症」

また、ここ十数年の間に各年齢層を通して「顎関節症」は急な増加傾向にあります。特に20~30代の女性に多く、男性の約2,3倍といわれています。
現代のストレス社会の食いしばり、かみ締め癖、パソコン、スマホの長時間使用などによるうつむき不良姿勢も影響しているものと考えられます。

●「顎関節症」とはどのような状態?

最初に「顎関節症」という名称が提案されたのは、約60年以上前のことです。そして、その提案をもとに、日本では独自の研究・発展を経て「顎関節症」を顎関節痛などの3つの症状、病気の状態を4つのタイプに分類しています。(詳細は後半に記載)
ところが、現在「顎関節症」の相談に歯科を訪れる方で、3つの症状の他に、頭痛、首こり、肩こり、耳閉感、眼痛など様々な不調をお持ちの方がデータ上でも増えています。

●「顎関節症」治療で頭痛、首こり、肩こりの改善を期待してはいけない

しかしながら、訪れる患者さんの期待に反して、現在の「顎関節症」の治療では頭痛等は「顎関節症」と全く関係ない、関連性のない症状として除外、無視されているのです。
もちろん、歯科医の先生個々の考え方は様々でしょうが、あくまで学会の発表しているガイドラインの内容です。

「アゴのずれ」も「顎関節症」の症状とは認められていない

●顎位の変化、アゴのずれこそが「顎関節症」の最も重要な要因

また「顎関節症」の判断基準の項目では、はっきりと「顎位の変化」つまり「アゴのずれ(顎偏位)」は、主要症状に含めないことが書かれています。
しかし、院長である私は17年に渡る、様々な分野の研究、学習を経てたどり着いた知見として、「顎偏位症候群」すなわち顎位の変化、アゴのずれこそが「顎関節症」の最も重要な症状、要因となるものであり、4つのタイプに分類された病気の状態についても、このことですべて説明が付きます。

●頭痛、肩こりなどの症状と「顎偏位症候群」

さらに3つの症状以外のもので、関係がないと除外されている頭痛、首こり、肩こり、耳閉感、眼病などについても、その関連性を詳しく説明できます。

「顎関節症」でさえ、現在の治療では本当の改善に繋がらない

●本当の改善とは

また、私はいわゆる「顎関節症」でさえ、この「顎偏位」による要因を考えずに、ただ、かみ締め防止や、歯を当てない訓練、単純な一般的マウスピースでは本当の改善ができないと考えています。

●アゴのずれを放置しておくことの危険性

人間はアゴのずれ(顎偏位)によって、痛み、雑音、動きづらさなどが出ても、そのまま壊れてしまうわけではありません。適応能力、代償作用などど呼ばれ、抵抗する力によって一時的に症状を補ってくれるのです。ところが、そのずれを放置していると、アゴの問題だけの症状ではなく、全身へと影響が波及して、大変なことになっていくのです。

●下のアゴの本当の役割

なぜかというと、下のアゴは約500gあり、頭(約5kg)の重心バランスをとるおもりとして全身を真っ直ぐに立たせる役目をしているという、生体力学的視点が全く欠落しているためです。
顎関節は他の関節とは異なり、左右の関節部が下のあごの骨で連結され、共同で動くことで食べる、しゃべる、体のバランスをとるなどの大事な機能を発揮しています。ところが、かなり自由に動けるということは、その分不安定となり、下アゴは本来左右の位置からズレやすい欠点をもっているのです。

●その不調はアゴのずれが原因なのか確認できる

また、もしアゴのズレで様々な不調が起こっている場合には、その場でアゴを正しい位置に仮に修正してみると、すぐに改善反応が起こるという特徴があるのです

「顎関節症」という病名の定義の変遷

●約60年前に登場した「顎関節症」という病名

「顎関節症」という病名は、1956年に東京医科歯科大学のある教授により、「顎運動時の関節痛、関節雑音、および顎運動異常を主症状としし、顎関節の腫脹・発赤・熱感などの明確な急性症状を欠く症候群」として提唱されました。
その後徐々に顎関節が臨床研究において取り上げられるようになっていきました。

●その後の発展

さらに、内視鏡が開発されたり、CT、MRIなどの画像診断法が発達して研究が進み、顎関節症といっても様々が疾患が含まれていることがわかってきました。
1986年に日本顎関節研究会は「顎関節症」を5つの型に分類する案を提出し、1996年に日本顎関節学会が顎関節症の定義、分類を提案し、2001年に「顎関節症診療に関するガイドライン」を発表しました。

●日本独自での発展

そのガイドラインは10数年にわたって、顎関節研究と臨床の場において使用されていました。
一方アメリカでは、口腔顔面痛学会(AAOP)が、2012年に20年かけた検証の末、国際的な診断基準が策定されました。
日本顎関節学会では、2013~2014年にかけて今までの日本独自の基準と、国際基準との整合性を持たせるための検討委員会を組織し、我が国における顎関節症および類似疾患についての用語や分類を公表しました。
しかし、国際的な診断基準が、かなり範囲が広い内容と部位を網羅している(例えば、顎関節による頭痛という項目もあります)のに比べて、日本のものはかなり狭い、限定的部位での診断に留まっています。

最新の日本における「顎関節症」の定義

まず、最初に「顎関節症」とは、いったいどんなものなのか?最新の情報からお知らせします。

●顎関節症の概念

(2018年日本顎関節学会ホームページより引用)
「顎関節症は、顎関節や咀嚼筋の疼痛・関節雑音・開口障害など、顎運動異常を主症候とする障害の包括的診断名である。
その病態は、咀嚼筋痛障害および顎関節痛障害、顎関節円板障害および変形性顎関節症である。(現在までに部分改訂有り)」・・引用終わり

ここまで読んでみても、かなり難解な用語でわかりにくいですよね。

●わかりやすく解説します

いわゆる「顎関節症」には3つの主要な症状があります。

 1.顎関節(いわゆるアゴの付け根の関節)と咀嚼筋(下アゴを動かす筋肉たち)の痛み
 2.関節雑音(アゴを動かすと音がする)
 3.開口障害(口が開きづらい)ないし、顎運動異常(アゴが動かしづらい)です。
●3つの症状が「顎関節症」の決定条件

まず、この3つの症状の内最低1つ以上があることが重要な決定条件です。
これらは、咀嚼筋や顎関節、顎関節円板(顎関節にあるクッションの役割の組織)に不具合があること、また、骨自体が変形して障害を起こすことなどが組み合わされているものと考えられています。

歯科医が治療する「顎関節症」の選定要因

●3つの症状が「顎関節症」の決定条件

しかし、この上記3つの症状は「顎関節症」になった時だけに起こるとは限りません。つまり「顎関節症」とは、この3つの症状を起こすの様々な障害、病態の疾患も含まれていてかなり曖昧になっています。
そこで、歯科で治療すべき「顎関節症」とに確定するに次の4項目に従って絞り込んでいきます。

1.疼痛、痛みについて

自発病(何もしていなくても痛い状態)は除外し、対象となるのは、動かしたときにに起こる痛みのみ。

2.対象となる部位

顎関節と咀嚼筋という部位だけで限定的局所的な対象範囲。

3.3症状は他の部位、全身などへの影響はない

この3症状が起きているとき、かなりの確率で頭痛、首コリ、めまい、肩こり、耳痛、眼痛などの症状が同時に起きていることが多いのですが、それらの関連は一切認めていません。

4.炎症性ではない
5.鑑別を要する疾患

これが、一番不思議なことですが、「顎関節症」とは、いろんな疾患が含まれている病名ですが、あらかじめ決められている他の疾患をどんどん除外していくことで、歯科で治療すべき「顎関節症」と診断するのです。
繰り返しますと、「3つの症状が出ることのある「顎関節症」以外の病気が無いときに「顎関節症」診断されます(これは余計にわかりにくいですね。)
そこで残ったものが現在の「顎関節症」なのです。意外なことに、ある意味曖昧で、アゴの不具合におけるざっくりとした「診断名」となっています。

私の一般歯科開業医時代の「顎関節症」治療

私は歯科大を卒業後「顎関節症」の治療に対しては、上記で説明してきた、歯科界での標準指針である「日本顎関節症学会」による顎関節症診療がガイドラインに準じて行っていました。
しかし、なかなか思うような結果につながらないことが多く、日々悶々としていました。

●「顎偏位症候群」という新常識

そこで、私自身がいろいろな分野から17年に渡って学び、研鑽した知識、技術を活用して、もう一度この「顎関節症」というものそれ自体について、考え直してみました。
その中で特に気が付いた疑問点、矛盾点、そして「顎偏位症候群」の発想からの解決策など述べてみました。アゴのずれという意外なことが、あなたの長引く不調の原因かもしれません。

●原因不明の長引く不調に悩む方へ

当院では、アゴを仮に正しい位置に修正した時の、不調改善の確認体験も行っております。お気軽にこちらからご相談ください。

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

院長とマネージャがFMアップル「香るパラダイス」に出演しました。

カテゴリ:タグ: , , , , , , , , ,
頭痛,首・肩こり,腰痛・ぎっくり腰,メディア情報・講演   2018年6月21日

・FMアップル「香るパラダイス」

6月20日(水)豊平区にあるFMアップル、水曜日17時からの番組に院長とマネージャーが出演しました。

「香るパラダイス」は、局長の塚本薫さんの番組です。

前半は、そろそろ15年を迎える幸健美歯科クリニック開業の経緯等のお話をしました。

・院長があごずれ・かみ合わせ専門歯科、幸健美歯科クリニックを開業した理由

歯科医院がどんどん過密になっていき、保険診療がどんどん締め付けられる中で、歯科業界の将来を考えて・・などのこともあります。

しかし、あごずれ・かみ合わせ専門で開業し、他との差別化を図りたいと決断したのは、一般歯科時代に、院長が旧友にどこに行っても治らない身体の不調を、もしかしてかみ合わせが関係しているかもしれないと相談されたことが大きな理由です。

その時の一般歯科の知識、さらにその時にあれこれ調べた知識、技術を総動員しても、結局役に立てなかったという苦い思い出がありました。

そんな中、アゴのずれを正すことで、瞬間に身体の状態が変化し、症状が良くなるという治療を目の前で見る機会があり、自分がこれから手掛けていく治療であると確信したのです。

・自分でできる、あごずれの改善法

番組の後半では、自分ではどうしようもなくなって、クリニックでマウスピースを作って楽になるという方法のほかに、自分でできる改善法を紹介しました。

最近の、スマホ、パソコン仕事などで、頭痛・肩こり・腰痛など辛い症状が出ている方が多いのは、うつむき、猫背姿勢を続けることで、下あごが前に滑り落ちてしまって、筋肉でその状態を固めてしまうからです。

普段から、顎関節周りをリラックスした柔らかくしておくことを心掛け、下顎が良く動くようにトレーニングしたりすることが大切です。さらに、姿勢を正すために、頭を起こしたり、背中を伸ばそうとするときは、同時にあごを引くことが大事です。あご先を手前に押すようにして、顎を引いて頭を起こすと、首の本来のカーブが回復し、骨盤も自然に立ちます。ご自分でも腰を触って、柔らかくなるのを確認することができます。

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

頭痛・肩こり・不定愁訴をもたらす噛みしめ

カテゴリ:タグ: , , , , , , ,
頭痛,首・肩こり,あごずれ・かみ合わせ治療   2017年11月1日

マネージャー真弓です。

北海道新聞で、かみ合わせについて取り上げられてました

「いい歯の日」

とうとう11月ですね。11月8日は「いい歯の日」です。

6月4日前後の「虫歯予防週間」と並ぶ、

歯の健康について考えるきっかけとなる日ですね。

あなたのその症状はかみ合わせが原因かも

今朝の北海道新聞にかみ合わせと頭痛・肩こり・腰痛との関係について

わかりやすい記事が載ってました!

院長も所属している日本全身咬合学会会員の尾崎勇先生の記事です。

顎関節症で悩んでいる患者さんには、

同時に、肩こりや頭痛、目の奥の痛みを訴える患者さんが多いとのこと。

その通りで、うちにいらっしゃる患者さんもそのような症状で悩まれています。

あごがずれてかみ合わせがゆがむ原因

下あごの重要性

頭の重さは約5kg、下あごの重さは約500g。

細い首の上に載っている、重い頭のバランスをとっているのが下アゴです。

二足歩行の人間の全身の姿勢のバランスのために

重要な役割を果たしています。

ストレス社会の中で

現代のストレス社会では、緊張状態にあることが多く、

あごを強く噛みしめてしまうことで、あごがずれてしまいます。

頬づえ、うつぶせ寝、噛み癖などもかみ合わせのゆがみの原因となり、

顎関節症へとつながっていく恐れもあります。

全身の不調、不快症状との関係。すべてはつながっている。

下あごのずれによって、頭のバランスが崩れると、

それを正そうと、片方の肩の筋肉が緊張し続け、

その歪み状態を、日常の立ち姿勢、歩行などで受け止めているうちに

腰、足にも歪みの負担がかかってきて、腰痛、ひざ痛、

股関節の不調へと影響が伝わっていきます。

治療法の一つ、マウスピース

さまざまな治療法がありますが、

幸健美歯科クリニックでは

2種類のマウスピース状の顎偏位矯正装置を使います。

あごの位置を正しくする機能のある装置ということです。

骨格からあごずれを矯正(MOSPモスプ)

一つ目は、あごの骨格からあごの位置を正すMOSPです。

上下のかみ合わせの状態を診断解析して、

あごがほぼ正しい位置に来るように矯正装置を作ります。

筋肉からあごずれを修正(A・S)

院長の特許取得マウスピースで、

口の周りの筋肉に働きかけて、あごずれを修正していきます。

こんな方は、是非一度かみ合わせ専門歯科の受診を

頭痛、肩こり、腰痛・・

内科や神経科をはしごしても、マッサージに通っても

一向に不快感が消えない人は、一度歯科を受診してみては!

尾崎先生の出版書籍

尾崎先生が今年4月に出版された本は

「解説本・頭痛・肩こり・不定愁訴をもたらす

噛み締めの謎を解く!」(現代書林)

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

4月6日札幌豊平倫理法人会のモーニングセミナーで院長が講話します。

カテゴリ:タグ: , , , , , , ,
あごずれ・かみ合わせ治療   2017年4月5日

マネージャー真弓です。

どこに行っても治らないそんな悩みを抱えている患者さんに
あごずれ・かみ合わせ治療が解決法かどうかを探り、
精いっぱい改善のためのお手伝いをしているのが佐藤嘉則院長です。

過去に、友人に原因がわからない体調不良の悩みを打ち明けられ、
その当時の知識では結局助けてあげられなかった苦い経験も語ります。

明日、4月6日AM6:30~7:30のモーニングセミナーで、

院長がアゴずれ・かみ合わせと全身の関係についての講話をします。

是非いらしてくださいませ。

会場:ジャスマックプラザ5階ガイア


『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

昨日のクリニックの患者さんは東京から。

カテゴリ:タグ: , , , ,
あごずれ・かみ合わせ治療   2017年3月3日

マネージャー真弓です。

昨日、アゴずれ・かみ合わせの治療にいらしていたのは、
東京から通われているご夫婦。

奥様が、かみ合わせがおかしくなって、いろんな歯医者さん
大学病院を回って、治療を受けているうちに、どんどん具合が悪くなって・・・
どこに行っても、かみ合わせは異常ないですと言われるのに、

だんだん、食事もできなくなり、このままでは生きていられない(本人談)と
いう状況になってしまったそう。

院長が出版した本の新聞に載った広告を見かけて、
わらをもすがる思いで、本を取り寄せてみたら、もしかして「あご」が問題かもとピンと来たとか。
一人では歩けない状態のところ、ご主人に連れられて院長の治療に掛けて、きてくださいました。

すっかり良くなって、そのうち、ご主人もあごずれで調子悪いことに気づき、お二人で、2~3ケ月おきに顎矯正のための院長の特殊技術マウスピース装置の調整に通ってきてくださってます。

昨日は暖かくてよかったです。「12月は寒かったですね~」といわれて、そういえばこの冬は初めころがずいぶん寒かったと思い出しました!
飛行機で来られる方は、その日の天候状況が気になりますが、昨日は無事に帰られたことでしょう~。

かみ合わせは異常がないと診断されても、なんだかおかしいなぁと思われる方は、

まず、院長の本を読むことをお勧めします!

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

コラム掲載! 毎日新聞のフリーペーパーおしゃべりBOX

カテゴリ:タグ: , , , , , , ,
あごずれ・かみ合わせ治療   2009年6月8日

マネージャー真弓です

毎日新聞の北海道のフリーペーパー

おしゃべりBOX にコラムが連載されることになりました。

 

今回のテーマはかみ合わせ治療について、

かみ合わせ(下あごのずれ)と全身バランスには密接な関係があります。

噛み合わせのずれによって、身体に不調が出てしまうことも!

逆にかみ合わせを正しくすることで、重心が整い、スポーツ選手などでは成績アップにも繋がります

内容

「歯のかみ合わせ、気になりませんか?

『幸健美歯科クリニック』には、かみ合わせが原因で、肩こりや腰痛、頭痛人悩まされている人がたくさんいらっしゃいます。

下あごの位置や頭部の重心がずれると、体がゆがんでしまうこともあるんです。

当院のかみ合わせ治療では、正しいあごの位置にあわせて、マウスピースをオーダーメイドで作ります。

これを使うと重心バランスが整い、全身のゆがみや筋肉の負担が改善。痛みやしびれも軽減するんです。

ぜひ一度、受診してみませんか?

『おしゃべりを見たよ』で、カウンセリング・かみ合わせ体験の受診料が6月末まで無料です。!」

青山夕香 のここがおすすめ!

「実は私、自分の笑顔に自信が持てなくて、歯を見せて笑うことに抵抗があったんです。

でも同クリニックの佐藤嘉則院長に診断していただいて、顔のゆがみがわかりました。

詳細はHPをご覧下さい。」

さあ、7月号は何で皆様の「キレイで素敵なスマイル」をサポートしましょうか!

おたのしみに!

 

 

HBCかみ合わせ・あごずれ特集 5 脳外科医からのコメント

カテゴリ:タグ: , , , , , ,
メディア情報・講演   2006年2月23日

5.HBCかみ合わせ・あごずれ特集

脳外科医からのコメント

あごずれが原因で引き起こされる肩こりや頭痛、実はその因果関係が分かってきたのは、ここ2~3年の事だといいます。

コスモ脳神経外科(札幌市東区北21条東21丁目1-1)
院長 小林 康雄さん
「あまり病気がなくて、頭痛をおもちの方でですね。特に筋緊張性頭痛と言いますけれども、簡単に言うと肩こりですとか、首の筋肉のコリですね。それから来る頭痛があごのかみ合わせの障害でそういった症状が引き起こされていると言うのが、最近、分かってきているというのが現状ですね。」

1.HBC朝ビタ、あごずれ、かみ合わせ特集

2.あごずれチェック表

3.幸健美歯科クリニックから薮さんのレポート

4.かみ合わせ・あごずれ治療患者さんの体験談

5.脳神経外科院長先生のコメント

6.薮さんのあごずれチェック体験

7.あごずれ治療法及び値段・あごずれに良いパクパク体操

8.あごずれに良いパクパク体操説明

HBC朝ビタ あごずれ・かみ合わせ特集 3 院内レポート

カテゴリ:タグ: , , , ,
メディア情報・講演   2006年2月23日

HBC あごずれ・かみ合わせ特集 

3.薮キャスター院内レポート
薮さん
「北海道でも珍しい、かみ合わせと、あごずれの専門クリニックがこちらなんです。」
「こちらのクリニックではインプラントや審美治療を行っています。しかし、ここを訪れる患者さんの多くは原因不明の頭痛や肩こりなどを訴える女性が多いといいます。」
院長
「かみ合わせもそうですが、その土台たるあご、下あごが非常に重要な役割を果たしているということが最近分かってきたんです。」
「頭っていうのはだいたい4~5㎏の重さがあります。」
薮さん
「え、そんなに?!」
院長
「だいたいボーリングの球だったら11ポンドくらいですね。」
「下のあごは実はね900g~1㎏くらいあります。これだいたい900ml(900mlのペットボトルを渡して)。これくらいのがここについている。ちょっと持ってみてくさい。」
薮さん
「えー!こんなに重いものが!」
院長
「しかも下のあごというのは上のあごのように頭にくっついていないんです。こういう風に(頭の骨の模型を指して)ブランコみたいな、重りみたいになっているんです。」
薮さん
「重り?」
院長
「だから筋肉も本来はこういう風なものが(左右にバランスとれた状態)一方だけ引っ張られたり、緊張したりします。それが首のコリ、肩のコリ、左右のズレ、前後のズレ、回転のズレそういうものが全身に影響をおよぼし、内部にひずみを及ぼす。」

1.HBC朝ビタ、あごずれ、かみ合わせ特集

2.あごずれチェック表

3.幸健美歯科クリニックから薮さんのレポート

4.かみ合わせ・あごずれ治療患者さんの体験談

5.脳神経外科院長先生のコメント

6.薮さんのあごずれチェック体験

7.あごずれ治療法及び値段・あごずれに良いパクパク体操

8.あごずれに良いパクパク体操説明

頭痛と、あごずれ・かみ合わせの関係

カテゴリ:タグ: , , , , , ,
あごずれ・かみ合わせ治療   2005年12月14日

北海道新聞の家庭欄で「頭痛とつきあう」というシリーズがあります。
脳神経外科の上出先生の執筆です。

今日のテーマは、歯やあごの関節が頭痛や肩こりと密接な関係があるということでした。

私たちにとっては、そうそうその通りなんですよ、と言いたい内容でした。

うちのクリニックでも原因がわからない頭痛に長いこと悩んでいて、
こちらにやってくる患者さんがたくさんいます。

上出先生がおっしゃっているように、姿勢や運動習慣を見直したり、
ストレス対策を講じたり、薬を工夫しても頭痛が改善しないときは
一度あごずれとかみ合わせの検査を受けてみてくださいね。

原因があごずれ、かみ合わせだったら
その場で症状の改善を体感される患者さんがたくさんいらっしゃいます。

私たちスタッフも全員自分のあごずれ・かみ合わせマウスピースを持っています。
毎日とても快適でいられますよ!

上に戻る

アーカイブ