お知らせ


HOME > 腰痛・ぎっくり腰

‘噛み合わせ’ タグのついている投稿

重機を使われる方は、腰が悪い方が多いですね~。気をつけましょう。

カテゴリ:タグ: , , ,
腰痛・ぎっくり腰,かみ合わせ治療,クリニック   2017年3月3日

マネージャー真弓です。

今日の診療室から。

腰痛に悩む。重機を扱う会社の社長さんが、
あごの位置を正しくするためのMOSP(モスプ)マウスピース作成前の
最後のかみ合わせの型取りにいらしてました。
MOSPマウスピースの詳細はこちら

やはり、腰をかなり悪くされているようです。

検査が全部終わって、検査結果の説明をして、
かみ合わせの型を取って、技工所に送ってから、
MOSPマウスピースが完成するのは、1週間~10日ほどです。

皆様早く楽になりたいので、MOSPマウスピースを手にするのが、
待ち遠しいことと思います。楽しみに待っていてくださいね。

 

ひな祭りの定番は桜餅ですか?

実家では特にひな祭りに桜餅は食べていなかったような・・
で、結局目についたいちご大福とうぐいす餅を買っちゃいました~。

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

2004年5月12日 北海道新聞イキイキゼミナール健康と医療

カテゴリ:タグ: , , , , ,
お知らせ   2004年5月12日

2004ikiiki-seminer

「顔曲がり、受け口の新しい改善治療法」

顔曲がり、受け口というのは、あごずれ(顎偏位症)のことが多く、あごが本来の位置からずれていることを言います。あごずれは、顔や身体の歪みをおこし、顔や全身骨格のバランスを崩します。

あごずれのある方たちは、審美的な側面で、悩みを持つと共に、頭痛、首筋のこり、肩こりなどの不快症状を持っていることが多いのです。

実は下のあごというのは、重い頭の重心バランスを取るという重要な役目を担っています。頭は米袋と同じく5KG近くあり、私達はその頭でバランスを取りながら、歩いたり、仕事をしたりしているんです。

つまり顎の位置がずれていると、身体のバランスが崩れ、全身に影響を及ぼすことがあるということです。

原因がはっきりしない症状に悩んでいる方は、専門医であごの位置が関連していないか診断してもらうことをおすすめします。

ー顎がずれる原因と新しい治療法を教えてください。

あごがずれる原因の中には、長年のいろいろな生活習慣の偏りが挙げられます。寝る姿勢、片方だけでものをかむ癖、ほおずえ、うつ伏せ読書、悪いかみ合わせ、楽器の演奏、舌習慣などが考えられます。それらによりあごずれが固定されてしまうと、顔や身体に影響を及ぼします。

普段、歯を強く噛み締めたり、緊張させたりすることは、あごをずらす原因となります。顎にとって悪い習慣をやめるように気をつけるとともに、リラックスしたアゴの状態で生活することが大切です。

最近のアゴの矯正法では、取り外しのできるマウスピース状の装置を使った新しい治療法があります。MOSPと呼ばれる装置を、各患者さんの状態を考慮して作り、一定期間口の中に装着します。

生活上支障のある場合はその都度外してもかまいません。その装置により、ひとりひとりのアゴをより健康的でバランスの良い位置へと誘導していくのです。

それにより、あご切り手術をしなくてはならないと言われた方でも手術なしで改善する可能性が広がりました。

顔曲がり、受け口で親並みの方や、あごずれ、かみ合わせに違和感がある方は一度専門医を受信されてください。

日本咬合学会学術講演会 優秀課題講演賞を受賞しました。

カテゴリ:タグ: , , , ,
お知らせ   2004年3月14日

2004年(平成16年)3月14日

院長 佐藤 嘉則が

第5回日本咬合学会学術大会において

課題講演をし,

「課題賞」2つと

「2004年最優秀課題講演賞」をいただきました。

kadaisho20041kadaisho20042kadaisaiyushusho2004

2004年2月19日 次世代型歯科クリニック 『幸健美歯科クリニック』オープン

カテゴリ:タグ: , , , , ,
お知らせ   2004年2月19日

深田るみ子さん、アゴ、かみ合わせ説明2004年(平成16年)2月19日

次世代型歯科クリニック

あごずれ・かみ合わせ専門『幸健美歯科クリニック』

札幌駅前通りにオープンいたしました。

kaigyo20040219

IMG_0419_2

上に戻る

アーカイブ