お知らせ


HOME > インプラント治療

‘インプラント治療’ カテゴリーのアーカイブ

インプラント手術を受ける特、メンテナンスの注意事項

カテゴリ: インプラント治療   2009年11月1日

マネージャー真弓です

インプラントの話題が続きましたので、

知っておいたことがいいことを数点ご案内します。

・土台の骨が大事。

インプラントは抜けてしまった歯の根の

代用になるものです。

土台になるあごの骨がしっかりしていないと

インプラント治療をすることができません。

歯が抜けてから長期間立ってしまっているときは

インプラントを植える骨が痩せてしまって、

インプラントをすることができません。

(その骨を補う手術は、また別にありますが)

もともと、骨が細い方も難しいことがあります。

・歯周病は大敵です。

歯周病は、歯ぐきが炎症を起こしてしまって

健康な歯も支えることができなくなって

抜けて行ってしまう怖い病気です。

健康な歯を支えることができないと

インプラントを植えることができないわけで、

歯ぐきの健康を保つことはとても大事です。

・インプラントを植えたからと言って安心しないで。

せっかく植えたインプラントも

歯ぐきのメンテナンスが悪いと

長持ちしません。

タバコは大敵です。

全身の抵抗力、免疫力を落としてしまうような

不健康な状態ですと、

歯ぐきにも影響が出てくることがあります。

丁寧な歯磨き、

定期的な歯科でのメンテナンス。

健康的な生活などで、

せっかく高いお金を出して植えた

インプラントをできるだけ長持ちさせましょう。

・さし歯はインプラントではありません。

歯が折れても、根が残っている場合には、

インプラントをしなくても

人工の歯を差したり、かぶせたりすることができます。

これはインプラントではありません。

人工の歯の値段だけでできます。

 

ところで、インプラントは痛いのでしょうか?

カテゴリ: インプラント治療   2009年11月1日

マネージャー真弓です

前の記事で、インプラントの値段について書いてみましたが、

インプラントは、痛いのでしょうか?

手術にもいろいろなタイプがあります。

歯ぐきを切り開いて、インプラントを埋め込んで縫うタイプ、

ねじ込み式で、スクリューのように埋め込んでいくタイプ。

大体この二つに分かれます。

スクリュータイプのほうが、痛みが少ない可能性があります。

ただ、痛みの出方は、患者さんのもともとの歯ぐきの状態や

痛みに、強いか弱いか、

体質的に腫れやすかったり、化膿しやすかったり・・・

手術の前後には、たばこやお酒を控えてもらって

なるべく体調を万全に整えていただくようには

患者さんにお願いしています。

手術後は、痛み止めや、化膿止めをのんでもらって

様子を見ます。

私が見ている限りでは、

今まで、ひどく痛みに悩まされていた患者さんは

いらっしゃいませんでした。

横浜から子どもの春休みに札幌に来ていた妹が

大人になっても生えていた乳歯を抜いて

インプラントにしたときは、

手術の次の日からもう何ともなくて、

夏休みに遊びに来るたびに

検診をしていますが、

全く問題なく使っています。

インプラントも初期の頃よりは

ずっと技術が進んでいるので、

あまり怖がらなくても大丈夫ですよ

勝間和代さんの歯が折れたらしいですね。

カテゴリ: インプラント治療   2009年11月1日

マネージャー真弓です

私は勝間和代さんの本や、ブログなどを愛読していますが、

昨日のツイッター を読んでいたら、

勝間さんの歯が折れたらしいです。

http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2009/11/1031-118f.html#more

インプラントは痛いのか?高いのか?などの

話題になっていました。

インプラントは種類も手術法も様々で

一概には言えませんが。

部位などで異なりますけど、

インプラント(人工の歯の根です)

だけで、1本25万円程度~。

それに、歯をかぶせますので

その人工の歯の値段が1本10万円程度~。

(大きさ、材質で異なります。)

結局自由診療ですので、

値段はさまざまですが、

30万円~60万円程度

(きっともっと安いところも高いところもあるでしょう)

もちろん値段だけで価値は決まりませんね。

歯がないということは、

全体のかみ合わせにも関わりますし、

入れ歯と比較すると、

手入れの煩わしさ、

見た目の自然さ、

使い心地に雲泥の差があると思います。

かかりつけの歯医者さんにいろいろと聞いてみたり、

インターネットで調べるといいですよ

歯科の豆知識 インプラント

カテゴリ: インプラント治療   2009年6月30日

マネージャー真弓です

名刺交換をすると、

「私もインプラントしているんですよ」

と言ってくださる方がいらっしゃいます。

え?・・・でも、その方は20代くらいでまだまだ若いのに・・・・

そうです、「差し歯」との感違いですね。

差し歯の場合は、歯の根は残っています。

そこに人口の歯を差し込んだり、かぶせたりします。

一方インプラントの場合は歯の根までなくなっちゃているときに

普通は部分入れ歯、ブリッジなどをするところ、

チタンなどの人口の歯の根を埋め込むことです。

その根に人口の歯をかぶせます。

インプラントとは本当は「移植」のことです。

正確には人工歯根移植のことをインプラントと呼んでいます。

歯科の豆知識でした~

参考までに

アーカイブ