お知らせ


HOME > かみ合わせ治療

‘かみ合わせ治療’ カテゴリーのアーカイブ

顎関節症とは?ここが変だよ。誤解だらけの「顎関節症」ーー「顎関節症」の治療で頭痛、首コリ、肩こりがなどの改善を期待しては、いけない本当の理由

カテゴリ:タグ: , , , , , ,
かみ合わせ治療,メディア情報   2018年11月14日

実は、「顎関節症」は顎関節の不具合についての極めて漠然とした病名なのです!

●アゴの不具合「顎関節症」

 口を開けるときに痛い、音がする、開きづらいなど、あごの不具合が起きる病気として「顎関節症」はかなりポピュラーな名称として一般の方々にも知られるようになりました。
 歯科の世界においても、虫歯、歯周病に次いで第三の病気として認知されています。

●増加する「顎関節症」

 また、ここ十数年の間に各年齢層を通して「顎関節症」は急な増加傾向にあります。特に20~30代の女性に多く、男性の約2,3倍といわれています。
 現代のストレス社会の食いしばり、かみ締め癖、パソコン、スマホの長時間使用などによるうつむき不良姿勢も影響しているものと考えられます。

●「顎関節症」とはどのような状態?

 最初に「顎関節症」という名称が提案されたのは、約60年以上前のことです。そして、その提案をもとに、日本では独自の研究・発展を経て「顎関節症」を顎関節痛などの3つの症状、病気の状態を4つのタイプに分類しています。(詳細は後半に記載)
 ところが、現在「顎関節症」の相談に歯科を訪れる方で、3つの症状の他に、頭痛、首こり、肩こり、耳閉感、眼痛など様々な不調をお持ちの方がデータ上でも増えています。

●「顎関節症」治療で頭痛、首こり、肩こりの改善を期待してはいけない

 しかしながら、訪れる患者さんの期待に反して、現在の「顎関節症」の治療では頭痛等は「顎関節症」と全く関係ない、関連性のない症状として除外、無視されているのです。
 もちろん、歯科医の先生個々の考え方は様々でしょうが、あくまで学会の発表しているガイドラインの内容です。

「アゴのずれ」も「顎関節症」の症状とは認められていない

●顎位の変化、アゴのずれこそが「顎関節症」の最も重要な要因

 また「顎関節症」の判断基準の項目では、はっきりと「顎位の変化」つまり「アゴのずれ(顎偏位)」は、主要症状に含めないことが書かれています。
 しかし、院長である私は17年に渡る、様々な分野の研究、学習を経てたどり着いた知見として、「顎偏位症候群」すなわち顎位の変化、アゴのずれこそが「顎関節症」の最も重要な症状、要因となるものであり、4つのタイプに分類された病気の状態についても、このことですべて説明が付きます。

●頭痛、肩こりなどの症状と「顎偏位症候群」

 さらに3つの症状以外のもので、関係がないと除外されている頭痛、首こり、肩こり、耳閉感、眼病などについても、その関連性を詳しく説明できます。

●「顎関節症」でさえ、現在の治療では本当の改善に繋がらない

 また、私はいわゆる「顎関節症」でさえ、この「顎偏位」による要因を考えずに、ただ、かみ締め防止や、歯を当てない訓練、単純な一般的マウスピースでは本当の改善ができないと考えています。
 人間はアゴのずれ(顎偏位)によって、痛み、雑音、動きづらさなどが出ても、そのまま壊れてしまうわけではありません。適応能力、代償作用などど呼ばれ、抵抗する力によって一時的に症状を補ってくれるのです。ところが、そのずれを放置していると、アゴの問題だけの症状ではなく、全身へと影響が波及して、大変なことになっていくのです。
 簡単に言うと、下のアゴは約500gあり、頭(約5kg)の重心バランスをとるおもりとして全身を真っ直ぐに立たせる役目をしているという、生体力学的視点が全く欠落しているためです。

「顎関節症」という病名の定義の変遷

●約60年前に登場した「顎関節症」という病名

 「顎関節症」という病名は、1956年に東京医科歯科大学のある教授により、「顎運動時の関節痛、関節雑音、および顎運動異常を主症状としし、顎関節の腫脹・発赤・熱感などの明確な急性症状を欠く症候群」として提唱されました。
 その後徐々に顎関節が臨床研究において取り上げられるようになっていきました。

●その後の発展

 さらに、内視鏡が開発されたり、CT、MRIなどの画像診断法が発達して研究が進み、顎関節症といっても様々が疾患が含まれていることがわかってきました。
 1986年に日本顎関節研究会は「顎関節症」を5つの型に分類する案を提出し、1996年に日本顎関節学会が顎関節症の定義、分類を提案し、2001年に「顎関節症診療に関するガイドライン」を発表しました。

●日本独自での発展

 そのガイドラインは10数年にわたって、顎関節研究の場において使用されていました。
 一方アメリカでは、口腔顔面痛学会(AAOP)が、2012年に20年かけた検証の末、国際的な診断基準が策定されました。
 日本顎関節学会では、2013~2014年にかけて今までの日本独自の基準と、国際基準との整合性を持たせるための検討委員会を組織し、我が国における顎関節症および類似疾患についての用語や分類を公表しました。
 しかし、国際的な診断基準が、かなり範囲が広い部位を網羅しているのに比べて、日本のものはかなり狭い、限定的部位での診断にとどまっています。

最新の日本における「顎関節症」の定義

 まず、最初に「顎関節症」とは、いったいどんなものなのか?最新の情報からお知らせします。

●顎関節症の概念

 (2018年日本顎関節学会ホームページより引用)
 「顎関節症は、顎関節や咀嚼筋の疼痛・関節雑音・開口障害など、顎運動異常を主症候とする障害の包括的診断名である。
 その病態は、咀嚼筋痛障害および顎関節病障害、顎関節円板障害および変形性顎関節症である。(現在までに部分改訂有り)」・・引用終わり

 ここまで読んでみても、かなり難解な用語でわかりにくいですよね。

●わかりやすく解説します

 いわゆる「顎関節症」には3つの主要な症状があります。

 1.顎関節(いわゆるアゴの付け根の関節)と咀嚼筋(下アゴを動かす筋肉たち)の痛み
 2.関節雑音(アゴを動かすと音がする)
 3.開口障害(口が開きづらい)ないし、顎運動異常(アゴが動かしづらい)です。
●3つの症状が「顎関節症」の決定条件

 まず、この3つの症状の内最低1つ以上があることが重要な決定条件です。
 これらは、咀嚼筋や顎関節、顎関節円板(顎関節にあるクッションの役割の組織)に不具合があること、また、骨自体が変形して障害を起こすことなどが組み合わされているものと考えられています。

歯科医が治療する「顎関節症」の選定要因

●3つの症状が「顎関節症」の決定条件

 しかし、この上記3つの症状は「顎関節症」になった時だけに起こるとは限りません。つまり「顎関節症」とは、この3つの症状を起こすの様々な障害、病態の疾患も含まれていてかなり曖昧になっています。
 そこで、歯科で治療すべき「顎関節症」とに確定するに次の4項目に従って絞り込んでいきます。

1.疼痛、痛みについて

 自発病(何もしていなくても痛い状態)は除外し、対象となるのは、動かしたときにに起こる痛みのみ。

2.対象となる部位

 顎関節と咀嚼筋という部位だけで限定的局所的な対象範囲。

3.3症状は他の部位、全身などへの影響はない

 この3症状が起きているとき、かなりの確率で頭痛、首コリ、めまい、肩こり、耳痛、眼痛などの症状が同時に起きていることが多いのですが、それらの関連は一切認めていません。

4.炎症性ではない
5.鑑別を要する疾患

 これが、一番不思議なことですが、「顎関節症」とは、いろんな疾患が含まれている病名ですが、あらかじめ決められている他の疾患をどんどん除外していくことで、歯科で治療すべき「顎関節症」と診断するのです。
 繰り返しますと、「3つの症状が出ることのある「顎関節症」以外の病気が無いときに「顎関節症」診断されます(これは余計にわかりにくいですね。)
 そこで残ったものが現在の「顎関節症」なのです。意外なことに、ある意味曖昧で、アゴの不具合におけるざっくりとした「診断名」となっています。
 

●私の一般歯科開業医時代の「顎関節症」治療

 私は歯科大を卒業後「顎関節症」の治療に対しては、上記で説明してきた、歯科界での標準指針である「日本顎関節症学会」による顎関節症診療がガイドラインに準じて行っていました。
 しかし、なかなか思うような結果につながらないことが多く、日々悶々としていました。

●「顎偏位症候群」という発想

 そこで、私自身がいろいろな分野から17年に渡って学び、研鑽した知識、技術を活用して、もう一度この「顎関節症」というものそれ自体について、考え直してみました。
 その中で特に気が付いた疑問点、矛盾点、そして「顎偏位症候群」の発想からの解決策など述べてみました。皆様のご参考になれば幸いです。
                          
 

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

北海道の地震から2週間。東京からの患者さんがいらしてくださいました。

カテゴリ: かみ合わせ治療   2018年9月21日

マネージャー真弓です。

札幌では、完全とは言えないものの、流通も復活してかなり普通の生活を送ることができています。

とはいえ、ご商売の方々は痛手から復活するのはまだまだかと思いますが、皆さん頑張っています。

うちでも、さほど影響が無さそうなものですが、治療のキャンセルが相次ぎ、ちょっと不安になることも。

 

そんな中、3年間東京から通ってくださってるご夫婦が、3カ月ごとの調整にいらしてくださいました。

「ホームページを見ていて診療していたのはわかっていたので、そのまま来ました」とおっしゃってくださいました。

いつも、お寄りになる美味しい北海道のお料理のお店を堪能されたそうです。ありがたいですね。

 

奥様は、いつも楽でいたいから、治療に来るのが楽しみとおっしゃってくださってます。

首都圏にあれば、毎週でも来たいと!

 

本州から通ってくださっている方々はまだいらっしゃいますが、そろそろ皆様のご負担を考えて、こちらも何か対策を立てなければいけませんね。

もちろん、以前から考えていたことですが、今回の患者さんのお話を聞いて、真剣に考えるときが来たかなと思いました!

 

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

肩こりは、肩だけではなくアゴもほぐしましょう。

カテゴリ: かみ合わせ治療   2018年9月3日

うつむき姿勢が辛い肩こりの原因

仕事で、長時間パソコンから離れられない。

ちょっとした空き時間、待ち時間、乗り物に乗っているとき、そして、くつろいでいるつもりでも、ついついスマホを常に触っている。

毎日の料理やアイロンがけなどの家事もうつむき姿勢ですね。

そんな、猫背、前かがみのうつむき姿勢が、辛い肩こりの原因となります。

うつむき姿勢によって起こされた肩甲骨の傾きが原因に

肩の関節は、肩甲骨という逆三角形の骨と、4~6kgある両腕でできています。

両肩甲骨が正しい位置にあると問題ないのですが、前かがみ、猫背によって、肩甲骨と両腕が前に傾くと、筋肉がより緊張し、肩こりとなるのです。

さらに頭や下アゴも、うつむき姿勢によって傾いてしまいます。

下アゴと肩甲骨の関係

下アゴは、頭蓋骨に筋肉でぶら下がっている状態にありますが、同時にいろいろなところから、筋肉でつながっています。

離れたところにある肩甲骨とも、筋肉でつながっているのです。

下アゴを引くことを意識するのが重要

下アゴと肩甲骨はつながっているので、肩こりの原因となっている肩甲骨の傾きを改善するには、ストレッチをする際に、下アゴをぐっと引いているじょうたいで行っていることを常に意識することが大切です。

マウスピースの活用も

幸健美歯科クリニックのアゴの位置を矯正(修正)するマウスピース「MOSP」「A・S」をお持ちの方は、ストレッチの際に活用してくださいね。

 

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

ぎっくり腰とアゴって関係あるの??

カテゴリ: かみ合わせ治療   2018年4月28日

頭は重い

頭は人間の一番上にあって全身の全身の重心バランスをとっています。人間は、その重い頭(約5Kg)を、背骨、骨盤の真上に乗せる様にバランスを取り、二本足で立っています。その頭自体のバランスをとる役目をしているのが下アゴ(約500g)です。

パソコン・スマホの長時間使用があごをずれさせます!

ところが最近では、パソコン・スマホの長時間使用に、運動不足なども加わり、うつ向き猫背姿勢の人がとても多くなっています。この姿勢は、頭と下顎を前方にズレさせ、本来、背骨に備わっている自然な生理湾曲(柔軟性・抵抗性を高める)を引き延ばしてしまうのです。

ぎっくり腰の引き金に!

そのため腰の筋肉・靭帯・骨・椎間板などに長期的な歪みの力をかけ続けることになります。この、常に頑張っている状態のときに、急なひねりや変化などが加わると、耐えきれなくなって激痛が起こるようになるのです。

予防するためには

根本的な予防・改善の一歩として、1時間に1回程度、下あごを引き気味にして、頭の重さが、背骨と骨盤にまっすぐ乗るように、自分の姿勢をチェックしてリセットすることが大切なのです。

歩くことは、全身のバランスを調整するためにとても大切です。ただし、下あごが前に出ていないか、頭が背骨・骨盤の上にしっかり乗っているかに注意して歩きましょう。

あごのずれが気になる

自分自身のアゴの状態を知りたいという方は、クリニックでの相談・体験に申し込んでくださいね。2,000円(税別)で受けられます。

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

肩が痛い原因の一つ「石灰沈着性腱板炎」

カテゴリ: かみ合わせ治療   2018年4月10日

今日のテレビで「石灰沈着性腱板炎」の治療法が話題になっていましたね。

四十肩、五十肩かと思われる肩の痛みに悩む方たちの中に、実際は肩の「腱」のところに石灰の塊ができてしまい、それが痛みを発症しているという状態です。
普通は、石灰を溶かす薬を使ったり、手術で取り除く治療を行うようです。

今日のテレビで紹介されていた治療は、保険外だそうですが、皮膚の上から衝撃波で石灰を砕いていく治療です。メスを入れないのがいいですよね。
繰り返すことで石灰が無くなって、とても効果があるようです。

佐藤嘉則院長に聞いてみました。
「そもそも、石灰がついてしまう根本的な原因を考えないといけないよ」とのことです。

以前、いらしたあごずれ治療の患者さんが、「石灰沈着性腱板炎」の手術を予定していたのに、あごずれの治療(別の症状に対しての治療でしたが)をしているうちに、石灰の塊が無くなってしまい、通っていた整形外科の先生も首をかしげていたとか。

石灰の塊を取り除くことで、症状は治まりますが、そうなった根本原因の一つが、顎ずれや姿勢の乱れかもしれませんね。

『あごと、肩は筋肉でつながっている』ということがポイントということです!

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

三重から患者さんがいらっしゃいました。

カテゴリ: かみ合わせ治療   2018年3月22日

今日いらした患者さんは三重県からでした。
マネージャー真弓です。

おととしの暮れに一度相談に来ていただいていて、1年ちょっとじっくりと考えて、幸健美歯科クリニックの治療に価値を感じて、治療を決心してきていただきました。ありがとうございます。

院長はいつも全力投球で患者さんの治療にあたっていますが、今回もさらに力を入ったと思います。

さて、先日、ほかの患者さんからですが、パティスリー・シイヤのマカロンをいただきました!

マカロンというお菓子を知って10年くらい前に初めて買ったのがこのお店。美しいし、本当においしい。今回改めて美味しさを確認しました。
スタッフみんなで分けていただきました。ごちそうさまでした!

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

アゴの歪みの危険性。「名医のthe太鼓判 一生食べられる口を目指そう」から

カテゴリ: かみ合わせ治療   2018年3月18日

アゴの歪みの原因で全身に様々な影響が出ることは最近よく知られています。

マネージャー真弓です。

先日たまたまテレビを付けたら「一生肉が噛み切れる口を目指す」というフレーズが!
やっぱり最近あごと口はかなり注目されてますね。

プロスキーヤーで登山家の85歳の三浦雄一郎さんは、今でも肉をしっかり噛み切ってもりもり食べていらっしゃいます。

あごと、口周りを鍛える重要性に気づいていらっしゃるんですね。

三浦さんは舌出し体操をされてました。

舌には大きい筋肉がついていて、大きく口を開けて、前後左右に一日100回舌出しをすることで、アゴの付け根の大きな神経層を刺激して、脳の活性化になるんだそうです!

 

そして、アゴの歪みの危険を指摘されていたのが、浅丘めぐみさん。

若いころの写真に比べると、口元の歪みが顕著に!

その原因が「片嚙み」若いころ歯を抜いて以来、歯がないところの負担を減らすために、片方だけで噛む癖がついてしまったそうです!

片方だけで噛んでいると、噛まない方の頬の筋肉が衰えて、だんだん顔に歪みが現れます。そのままでは、顎関節に負担がかかって傷つけてしまい、音が鳴る、痛みが出る、口が空かなくなるということになります。
同時にあごがゆがんでいるので、かみ合わせが悪くなり、全身骨格に歪みが現れて、様々な不調の原因となってしまいます。

抜けた歯をそのままにしないなど、歯と正しいあごの位置を整えておくことが一番大事なのですが、まずはアゴのストレッチで、顎関節への負担を少しでも減らしましょう。

番組で紹介されていたのは、
1.口を思いっきり開けて5秒。
2.アイーンと下あごを前に出して5秒。

幸健美歯科クリニックでは、院長の考案したアゴトレッチ体操もお勧めしています

アゴのストレッチ アゴトレッチ体操

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

根本治療を求めている患者さん向けの治療です。

カテゴリ: かみ合わせ治療   2018年3月1日

昨日は、香港在住の方が、香港ではこんな治療は受けられないと院長の顎偏位治療を受けに来院されました。

マネージャー真弓です。
これまでにも、関東、関西、東北方面から多くの患者さんが治療を受けに来てくださっていますが、海外からの方はまだあまりいらっしゃいません。

対症療法ではない、根本的な部分にかかわる治療ということで、価値を感じてくださってくださる方がいらっしゃることはありがたいです。

今日は大荒れですね。明日にかけても悪天候は続くそうです。皆様気を付けてくださいね。

そんな中、10年以上、常にベストのあごの状態のために通ってくださっている患者さんがいらっしゃいました。

前回は急病でキャンセルしてしまったと、お詫びのパンをいただきました。

西18丁目の駅からすぐのパン屋さん『ベーカリー円山育ち』のパンでした。ごちそうさまでした!!

 

 

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

全身骨格バランスが大事。「舌骨くん」

カテゴリ:タグ: , , , , ,
かみ合わせ治療   2018年2月12日

マネージャ真弓です。

先日、フィットネス(ピラティスヨガ)トレーナーの谷口美和さんが来院されて、院長とマンディブラエクササイズの打ち合わせと、骨格談議に花が咲きました!

オリンピックでアスリートの方々が活躍中です。アスリートの方々にとってバランスの良い筋肉を作ることは大切です。

ただ、バランスの良い筋肉を作るために、まず、骨格バランスを整えておくことが重要です。

幸健美歯科クリニックのあごずれ、かみ合わせ治療で、全身骨格をバランスよくすることで、あらゆるジャンルのスポーツで力を発揮する、バランスの良い筋肉を作ることができます。

今回、特に院長が強調したのが「舌骨(ぜっこつ)」。のどの奥の方にあって、どの骨ともつながってなくて、筋肉などのみでつながっているので、骨格の模型では浮かせていなくて行けないので、付いていないことが多いです。

この、舌骨の模型は院長の手作りです!形は顎関節そっくりで、皆さんののどの奥にあって、かなり重要な働きをしています。

      

 

2018年明けましておめでとうございます。

カテゴリ:タグ: , , , , ,
かみ合わせ治療   2018年1月5日

マネージャー真弓です。

幸健美歯科クリニックは本日1月5日から新年の診療を開始いたしました。

年末年始の間にもメールのお問い合わせをたくさんいただきありがとうございます。

今年の幸健美歯科クリニックは、院長の特許技術で制作したオリジナルマウスピースA・Sのすばらしさを特に発信していきます。

A・Sマウスピースを付けるだけで、あごの周りの筋肉を正しく修正していきながら、一瞬で全身をゆるませる効果があります。

もっとたくさんの方に使っていただけるように、各治療院、スポーツジム、美容系サロンなどとのコラボも今年はさらに広がっていく予定です。

去年は院長が考案した、下あごと骨盤を同時に鍛える「マンディブラエクササイズ」を取り入れたプログラムがJOY FITさんで始まりました。エクササイズももっともっと広まるように頑張ります。

クリニックは今年で開業から14年です。これからもさらにあごずれ・かみ合わせ治療の大切さを多くの必要な方に届けてまいりたいとスタッフ一同思っています。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

 

アーカイブ