お知らせ


HOME > かみ合わせ治療

‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

顎関節症のセルフケア(NHK今日の健康より)

カテゴリ:タグ: , , , , , ,
かみ合わせ治療,お知らせ   2019年6月12日

顎関節症の症状には主にこれらの3つがあります。

セルフチェック
・口を開けるときに痛みがあること
・口が大きく開かないこと
・口を開け締めするときに音がすること
などが挙げられていました。

「口が十分に空いている」の目安は、自分の指が縦に3本入るくらい(約4センチ)だそうです。痛みなく、楽にそこまで開くといいですね。

顎関節は耳に近いので、音が鳴ると訴える方は多いそうですが、痛みや、開かないなどの症状が伴っていない場合は、あまり心配しなくてもいいそうです。

と、言っても、当クリニックの院長からは、音はアゴがずれているサインなので、要注意とのことでした。
 

顎関節症の症状の原因

原因としては、かみ合わせの悪さ、構造上の弱さ、猫背等の悪い姿勢、頬杖、うつぶせ寝などの生活習慣等が挙げられていました。

更に、ストレスなどから、歯ぎしり、食いしばりによっても顎に負担がかかります。
そして、姿勢と関係がありますが、スマホ、パソコン仕事を長時間していたり、編み物などの細かくて集中する作業、スポーツ、楽器演奏等も原因となってきます。

顎関節症のセルフケア

THC(Tooth contacting habit)と呼ばれる、上下の歯が、常時当たってしまっていることを改善する方法があります。
自分の歯が、緊張等で知らず知らずのうちに当たってしまっているということに気づき、日常的に力を抜くように意識する必要があります。

更に番組では、人差し指と親指を使って、口を上下に開く訓練をすること、上下の歯の隙間を開けたまま、頬をふくらませる「あっぷっぷ体操」が紹介されていました。

頬杖、うつぶせ寝、スマホ・PC利用などの生活習慣も見直す必要がありますね。

更に、当クリニックからのおすすめセルフケア

顎関節症の原因はあごずれなので、アゴの緊張を和らげるために顎関節周りのマッサージをしましょう。

更にアゴトレッチ体操などで、筋肉が固まらないようにすることが大切です。

顎関節の周りを柔らかくするアゴトレッチ体操

院長書籍

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

株式会社ALTURAの技術顧問に院長が就任いたしました。

カテゴリ: お知らせ   2019年4月9日

院長が技術顧問に就任いたしました。

治療院経営、スペシャリスト育成、アスリートサポート、美容などの事業を、グローバルに展開している株式会社ALTURAの技術顧問として、佐藤嘉則院長が就任することになり、先日契約を交わしました。

ALTURAのアカデミー生

院長は、昨年よりALTURAのスペシャリストや、アカデミー生に顎関節、あご、マウスピースに関する講座をさせていただいてます。
今年1月にも福岡にてアカデミー生に向けにセミナーを致しました。様子はこちらから。

スペシャリストとしてグローバルな活躍を希望される方は、株式会社ALTURAさんのアカデミー講座を受けることをお勧めします。

今後の動き

これからも幸健美歯科クリニックは、多くのどこへ行っても治らなくて困っている患者さんの役に立ち続けます。

そして、今まで通り、独自講座でも、整骨・整体治療家、トレーナーの方々へ、独自セミナーを開催し、あご・かみ合わせ理論、マウスピースのことなどをお伝えし続けます。

株式会社ALTURAさんのとの提携により、さらに多くの方々のお役に立てることを願っています。

院長著書

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

顎関節症とは?ここが変だよ。誤解だらけの「顎関節症」ーー「顎関節症」の治療で頭痛、首コリ、肩こりがなどの改善を期待しては、いけない本当の理由

カテゴリ:タグ: , , , , , ,
お知らせ   2018年11月14日

実は、「顎関節症」は顎関節の不具合についての極めて漠然とした病名なのです!

●アゴの不具合「顎関節症」

口を開けるときに痛い、音がする、開きづらいなど、あごの不具合が起きる病気として「顎関節症」はかなりポピュラーな名称として一般の方々にも知られるようになりました。
歯科の世界においても、虫歯、歯周病に次いで第三の病気として認知されています。

●増加する「顎関節症」

また、ここ十数年の間に各年齢層を通して「顎関節症」は急な増加傾向にあります。特に20~30代の女性に多く、男性の約2,3倍といわれています。
現代のストレス社会の食いしばり、かみ締め癖、パソコン、スマホの長時間使用などによるうつむき不良姿勢も影響しているものと考えられます。

●「顎関節症」とはどのような状態?

最初に「顎関節症」という名称が提案されたのは、約60年以上前のことです。そして、その提案をもとに、日本では独自の研究・発展を経て「顎関節症」を顎関節痛などの3つの症状、病気の状態を4つのタイプに分類しています。(詳細は後半に記載)
ところが、現在「顎関節症」の相談に歯科を訪れる方で、3つの症状の他に、頭痛、首こり、肩こり、耳閉感、眼痛など様々な不調をお持ちの方がデータ上でも増えています。

●「顎関節症」治療で頭痛、首こり、肩こりの改善を期待してはいけない

しかしながら、訪れる患者さんの期待に反して、現在の「顎関節症」の治療では頭痛等は「顎関節症」と全く関係ない、関連性のない症状として除外、無視されているのです。
もちろん、歯科医の先生個々の考え方は様々でしょうが、あくまで学会の発表しているガイドラインの内容です。

「アゴのずれ」も「顎関節症」の症状とは認められていない

●顎位の変化、アゴのずれこそが「顎関節症」の最も重要な要因

また「顎関節症」の判断基準の項目では、はっきりと「顎位の変化」つまり「アゴのずれ(顎偏位)」は、主要症状に含めないことが書かれています。
しかし、院長である私は17年に渡る、様々な分野の研究、学習を経てたどり着いた知見として、「顎偏位症候群」すなわち顎位の変化、アゴのずれこそが「顎関節症」の最も重要な症状、要因となるものであり、4つのタイプに分類された病気の状態についても、このことですべて説明が付きます。

●頭痛、肩こりなどの症状と「顎偏位症候群」

さらに3つの症状以外のもので、関係がないと除外されている頭痛、首こり、肩こり、耳閉感、眼病などについても、その関連性を詳しく説明できます。

「顎関節症」でさえ、現在の治療では本当の改善に繋がらない

●本当の改善とは

また、私はいわゆる「顎関節症」でさえ、この「顎偏位」による要因を考えずに、ただ、かみ締め防止や、歯を当てない訓練、単純な一般的マウスピースでは本当の改善ができないと考えています。

●アゴのずれを放置しておくことの危険性

人間はアゴのずれ(顎偏位)によって、痛み、雑音、動きづらさなどが出ても、そのまま壊れてしまうわけではありません。適応能力、代償作用などど呼ばれ、抵抗する力によって一時的に症状を補ってくれるのです。ところが、そのずれを放置していると、アゴの問題だけの症状ではなく、全身へと影響が波及して、大変なことになっていくのです。

●下のアゴの本当の役割

なぜかというと、下のアゴは約500gあり、頭(約5kg)の重心バランスをとるおもりとして全身を真っ直ぐに立たせる役目をしているという、生体力学的視点が全く欠落しているためです。
顎関節は他の関節とは異なり、左右の関節部が下のあごの骨で連結され、共同で動くことで食べる、しゃべる、体のバランスをとるなどの大事な機能を発揮しています。ところが、かなり自由に動けるということは、その分不安定となり、下アゴは本来左右の位置からズレやすい欠点をもっているのです。

●その不調はアゴのずれが原因なのか確認できる

また、もしアゴのズレで様々な不調が起こっている場合には、その場でアゴを正しい位置に仮に修正してみると、すぐに改善反応が起こるという特徴があるのです

「顎関節症」という病名の定義の変遷

●約60年前に登場した「顎関節症」という病名

「顎関節症」という病名は、1956年に東京医科歯科大学のある教授により、「顎運動時の関節痛、関節雑音、および顎運動異常を主症状としし、顎関節の腫脹・発赤・熱感などの明確な急性症状を欠く症候群」として提唱されました。
その後徐々に顎関節が臨床研究において取り上げられるようになっていきました。

●その後の発展

さらに、内視鏡が開発されたり、CT、MRIなどの画像診断法が発達して研究が進み、顎関節症といっても様々が疾患が含まれていることがわかってきました。
1986年に日本顎関節研究会は「顎関節症」を5つの型に分類する案を提出し、1996年に日本顎関節学会が顎関節症の定義、分類を提案し、2001年に「顎関節症診療に関するガイドライン」を発表しました。

●日本独自での発展

そのガイドラインは10数年にわたって、顎関節研究と臨床の場において使用されていました。
一方アメリカでは、口腔顔面痛学会(AAOP)が、2012年に20年かけた検証の末、国際的な診断基準が策定されました。
日本顎関節学会では、2013~2014年にかけて今までの日本独自の基準と、国際基準との整合性を持たせるための検討委員会を組織し、我が国における顎関節症および類似疾患についての用語や分類を公表しました。
しかし、国際的な診断基準が、かなり範囲が広い内容と部位を網羅している(例えば、顎関節による頭痛という項目もあります)のに比べて、日本のものはかなり狭い、限定的部位での診断に留まっています。

最新の日本における「顎関節症」の定義

まず、最初に「顎関節症」とは、いったいどんなものなのか?最新の情報からお知らせします。

●顎関節症の概念

(2018年日本顎関節学会ホームページより引用)
「顎関節症は、顎関節や咀嚼筋の疼痛・関節雑音・開口障害など、顎運動異常を主症候とする障害の包括的診断名である。
その病態は、咀嚼筋痛障害および顎関節痛障害、顎関節円板障害および変形性顎関節症である。(現在までに部分改訂有り)」・・引用終わり

ここまで読んでみても、かなり難解な用語でわかりにくいですよね。

●わかりやすく解説します

いわゆる「顎関節症」には3つの主要な症状があります。

 1.顎関節(いわゆるアゴの付け根の関節)と咀嚼筋(下アゴを動かす筋肉たち)の痛み
 2.関節雑音(アゴを動かすと音がする)
 3.開口障害(口が開きづらい)ないし、顎運動異常(アゴが動かしづらい)です。
●3つの症状が「顎関節症」の決定条件

まず、この3つの症状の内最低1つ以上があることが重要な決定条件です。
これらは、咀嚼筋や顎関節、顎関節円板(顎関節にあるクッションの役割の組織)に不具合があること、また、骨自体が変形して障害を起こすことなどが組み合わされているものと考えられています。

歯科医が治療する「顎関節症」の選定要因

●3つの症状が「顎関節症」の決定条件

しかし、この上記3つの症状は「顎関節症」になった時だけに起こるとは限りません。つまり「顎関節症」とは、この3つの症状を起こすの様々な障害、病態の疾患も含まれていてかなり曖昧になっています。
そこで、歯科で治療すべき「顎関節症」とに確定するに次の4項目に従って絞り込んでいきます。

1.疼痛、痛みについて

自発病(何もしていなくても痛い状態)は除外し、対象となるのは、動かしたときにに起こる痛みのみ。

2.対象となる部位

顎関節と咀嚼筋という部位だけで限定的局所的な対象範囲。

3.3症状は他の部位、全身などへの影響はない

この3症状が起きているとき、かなりの確率で頭痛、首コリ、めまい、肩こり、耳痛、眼痛などの症状が同時に起きていることが多いのですが、それらの関連は一切認めていません。

4.炎症性ではない
5.鑑別を要する疾患

これが、一番不思議なことですが、「顎関節症」とは、いろんな疾患が含まれている病名ですが、あらかじめ決められている他の疾患をどんどん除外していくことで、歯科で治療すべき「顎関節症」と診断するのです。
繰り返しますと、「3つの症状が出ることのある「顎関節症」以外の病気が無いときに「顎関節症」診断されます(これは余計にわかりにくいですね。)
そこで残ったものが現在の「顎関節症」なのです。意外なことに、ある意味曖昧で、アゴの不具合におけるざっくりとした「診断名」となっています。

私の一般歯科開業医時代の「顎関節症」治療

私は歯科大を卒業後「顎関節症」の治療に対しては、上記で説明してきた、歯科界での標準指針である「日本顎関節症学会」による顎関節症診療がガイドラインに準じて行っていました。
しかし、なかなか思うような結果につながらないことが多く、日々悶々としていました。

●「顎偏位症候群」という新常識

そこで、私自身がいろいろな分野から17年に渡って学び、研鑽した知識、技術を活用して、もう一度この「顎関節症」というものそれ自体について、考え直してみました。
その中で特に気が付いた疑問点、矛盾点、そして「顎偏位症候群」の発想からの解決策など述べてみました。アゴのずれという意外なことが、あなたの長引く不調の原因かもしれません。

●原因不明の長引く不調に悩む方へ

当院では、アゴを仮に正しい位置に修正した時の、不調改善の確認体験も行っております。お気軽にこちらからご相談ください。

 

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

杉本玲選手(スポーツクライミング選手会会長)が治療にいらっしゃいました。

カテゴリ: スポーツ,お知らせ   2018年10月2日

マネージャー真弓です。

札幌出身のスポーツクライミング杉本玲選手

中学生のころから、幸健美歯科クリニックで応援している杉本玲選手が、昨日マウスピースの調整に来院されました。

最近のワールドカップで勝ち取ったトロフィーやメダルを見せてもらいました。

ケガに苦しんでいた杉本選手

2016年に肩の手術をし、じっくりとトレーニングを重ねて、ボルダリングのワールドカップで年間総合3位だそうです!すごい!

杉本選手の成績はこちら。
2018年ボルダリングワールドカップ
・5月泰安(中国)   4位
・6月八王子      3位
・6月ベイル(米)   優勝
・8月ミュンヘン(独) 8位 など

「ギリギリ限界まで行ったところで、もう一つのホールドに手が伸びる」

成績向上を目指して、アゴの治療のマウスピースを使い始めたころに、上記のコメントをいただきました。

アゴのずれを治して、骨格バランスを整えることで、今持っている力を無駄なく、100%近く発揮できる効果があります。

札幌にいらっしゃるために、アゴの位置をきっちりと正しくキープするのに来院してくださいます。

オリンピックを目指して頑張ってください!!

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

北海道は震度7の震災でした。本日より診療再開いたします。

カテゴリ: お知らせ   2018年9月7日

昨日の早朝3時過ぎ、今まで私が経験したことのない揺れで飛び起きました。
札幌中央区は震度4とのことでしたが、もっと大きく感じました。

自宅内、診療室内は被害はありません。
ただ、直後の停電で全く何もできない状態。
院内の機器は動きませんし、電話、インターネット、wifiも使えなくなり、電話、メールも受けられなくなりました。
公共交通機関がストップしていたので、患者さんも来られないだろうと、昨日は休診いたしました。

本日早朝より、電気が通じましたので、クリニックは診療いたします。

本州からの患者さんの予約もありましたが、昨日のうちにご心配のメッセージと共に、キャンセルのメールを送ってくださっていました。

今日も、交通機関は再開していないので、開店休業状態かもしれませんが、ご予約いただいている方は無理せず、気を付けていらしてくださいませ。

「なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?」発売されました。

カテゴリ: お知らせ   2015年8月23日

佐藤嘉則院長の初の書籍
『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みがきえるのか?ーあなたの身体はアゴで激変する。』
2015年8月22日に発売されました。

※2016年9月現在 札幌のコーチャンフォーさんにはまだおいていただいてました!
 アマゾンさんからはいつでも買えます。

札幌では、コーチャンフォー各書店、紀伊國屋、三省堂、ジュンク堂さんにはすでに入荷しています。
アマゾンからも注文できます。
丸善、文教堂一部書店、なにわ書房一部書店にもこれから入荷するようです。

本屋さんで見かけたら是非手に取ってみてくださいませ。

ago-hyoushi

院長の本が出版されます。「なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?」ワニブックス

カテゴリ: お知らせ   2015年8月10日

院長佐藤嘉則のアゴ、かみ合わせに関する本が出版されます。

発売日は8月22日
ワニブックス ワニplus新書 
「なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みがきえるのか?
  あなたの身体はアゴで激変する!」

¥896(税込)

クリニック受付にもありますが、各書店さんでも買えます。
アマゾンではまだ仮の題名のままですが、予約することができます。

院長がこれまで手掛けてきた、アゴずれ、かみ合わせ治療の基本的な解説や
自分で、アゴずれに関わる症状を軽くする方法を紹介しています。

是非、購入して読んでみてください。
よろしくお願いいたします。

ago-hyoushi

クリニック移転のお知らせ

カテゴリ: お知らせ   2014年2月10日

幸健美歯科クリニックはフコク生命ビル解体、立ち退きに伴い移転いたします。

●移転スケジュール
 現住所での診療:2月19日(水)まで
 新住所での診療:3月15日(土)
  内覧会 3月13日(木)3月14日(金)(予定)

●3月には、移転準備のため休診期間があります。お手数ですが、スケジュールを調整の上、早めの予約をおすすめします。

●休診中の連絡
 3月1日まで 011-223-4114
 3月2日より 011-624-6443
 
 メール: info@koukenbi.com

●診療時間が変わります(移転後)
 夜間診療(月、木)、土曜日の診療延長

月・木 10:00~20:00(昼休み13:00~14:00)
火・金 10:00~18:30(昼休み13:00~14:00)
水   10:00~14:00
第1,3,5土 10:00~15:00
休診日 日・祝 第2,4土曜日

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

院長が『からだ会議 北海道』で講演します。

カテゴリ: お知らせ   2013年10月11日

西洋医学と伝統医療のコラボレーション
『からだ会議 北海道』で院長が講演します。
http://www.karadakaigi.com/

日時:10月12日(土)10:00~17:00
会場:会場:曹洞宗瑞圭山 浄国寺(札幌市西区山の手1条12丁目1-2)
申込:からだ会議北海道実行委員会 担当:荒木
    TEL:070-5607-6516
    MAIL:karada.hokkaido@gmail.com
  
院長の講演は13:30~

出演講師紹介
基調講演・トリートメントラリー 杉本 錬堂

NPO法人錬堂塾 主宰、天城流湯治法 湯治司。伊東在住。 1996年健康保養による町づくりと地域活性を目指すヒーリングストーンズを設立。1998年「錬堂と遊ぼう」テレビ番組(CATV)放送開始。2000年 日本の温泉療法アドバイザーとし招喚され渡独。2001年 NPO法人錬堂塾を設立。静岡県地域づくりアドバイザー、健康・福祉・まちづくりアドバイザーとなる。2007年 新しい湯治場づくりや温泉セラピスト育成に力をいれながら全国ツアーを開始。世界に誇れる日本の健康文化として海外へも進出。アメリカ、ドイツ、フランス、台湾と活動を広げている。2011年からその経験を通して体得している日本人の精神を次世代に伝えるべく、ヨタ噺プロジェクトを始動。日本全国、世界各地で講演会を開催している。
錬堂塾オフィシャルサイト(http://www.rendojyuku.com)

トリートメントラリー 小口 昭宣

30歳の時、腱引き療法に出合い、40歳代の時、日本唯一の伝承者となった。その後、筋整流法を打ち立てる。 日本各地に三百人を超える門弟が抱え、三十数か所が道場を開設している。
施術を施し弟子を育てる傍ら、毎週末全国各地で伝承会を開催している。
 これまでの彼自身の患者数は優に3万人を超え、痛みや不快感を伴わない体を作るため、ギックリ腰、肩こり、肘や膝の痛み、捻挫を始め、肢体麻痺、坐骨神経症、肋間神経痛、関節不全、生理不順、生理痛、全身倦怠、鞭打ち症等の身体疾患以外にも、自律神経失調症、拒食症、うつ病などの精神疾患など, 痛みや不快感を改善する施術を施し、同時に精神的苦痛も排除することに成功している。
 職場環境を改善させる為のセミナーも行い、各職場にあったプログラムを提供している。 筋整流法のモットー「脳を科学し, 体調を整える (Improving Physical Condition Thru Brain Science)」により職場のコミュニケーション能力を向上し、パーフォーマンス効率を高める事を可能とした。

ホームページ:http://kenbiki.jp/
トリートメントラリー 岩本 直己

いわもと接骨院 院長、息吹太陽法、天城流湯治法 湯治師。岩本カイロプラクティック院開院。自律神経の治療開始。2000年、渡米Dr David Toffnes 師事。顔面神経麻痺の研究発表でBest Slid賞受賞。2007年、京都衛生専門学校 柔道整復師科卒業。この頃、杉本錬堂氏に出会い本当の意味での身体の仕組みを知る。2008年、国際和合医療学会 常任理事就任。現在20年間の臨床経験で感じた身体の萎縮を除去し身体が最も良い方向に向かう治療法を模索中。
トリートメントラリー 中山 辰也

中山予防医学研究所 所長、柔道整復師・鍼灸師、天城流湯治法 湯治師、ほねつぎ実践中山塾 主宰、健柔グループ 理事。 救急医療以外によくみられる過剰診療に危機感を覚え「病院にいかない」「薬は飲まない」を実践し究極のセルフメディケーションを目指している。冬場はスキー救護所にて応急処置技術の研鑽に励む。2010年天城流湯治法と出会いセルフメディケーションをそのまま体現され普及活動をされている錬堂先生と天城流湯治法の凄さに強く感銘を受ける。現在さらなるセルフメディケーションと応急処置の向上を目指し奮闘中。 中山接骨院オフィシャルサイト(http://locoplace.jp/t000176744/)
講演 高橋 浄英

曹洞宗 浄国寺五世住職

昭和31年生まれ。57歳。 駒澤大学仏教学部禅学科卒。
大本山永平寺で3年間修行。
平成3年浄国寺住職に就任。
毎週土曜日の坐禅会、毎月1日のお写経会などの活動のほか、
講演会、映画上映会、音楽会などを開催し、
開かれたお寺として現代の寺子屋を目指し活動している。

講演の題名 「道元禅師さまの坐禅-いま、ここを大切に生きる」

講演 佐藤 嘉則

幸健美歯科クリニック 顎咬合センター 院長
社団法人日本調療協議会理事
日本構造医学会、日本審美学会、全身咬合学会会員等

様々な分野の研鑚の後、あご・かみ合わせ治療を中心とした歯科クリニックを開院。様々な全身の不快症状の改善、審美、スポーツ能力向上などの真の健康美を目指した治療をしている。また、うつなどのメンタル面での改善のサポート活動もしている。

長年研究を重ねたあご・かみ合わせ理論で『特許』が認定され、それを基にしたマウスピースギアを開発し多方面に活用中である。

他科や他分野の方々とのネットワークも広がり、マスコミなどでもたびたび取材されている。

講演タイトル
「からだと、心と、あご・かみ合わせの関連について」

講演 湊 厚子

1985年、東城百合子先生の教えに出合い、学び始める。1990年、母親の重症の肝硬変を、自然療法の手当て法等で癒し、自然の力を実感。それからは、自然治癒力を高める自然の手当て法等を伝える活動をしている。また、村上助産師との出会いにより、食の大切さを、若い世代に伝える活動も始める。2011年野草茶と自然食の店「野草茶房蓬ほう」を開店。心と身体に優しい昔ながらの味を目指し、日本の母さんである為、日々精進している。

講演タイトル 自然治癒力を高める手当て法

講演 福田 康宏

福田・鍼灸整骨院(北海道江別市)柔道整復師、BJA北海道支部長、ボディートークアクセストレーナー、認定ボディートーク施術士。北海道柔道整復専門学校卒業。診療に従事しながら横山式筋二点療法をはじめ、各種整体療法、メディカルアロマオイル、霊氣ヒーリング等を学ぶ中でより統合的な医療・治療法を模索していた所、2007年に“意識を基にした21世紀最先端のエネルギー療法”である『ボディートーク療法』と出会う。2008年、北海道で初めてとなる認定ボディートーク施術士になると同時に北海道内、全国各地にて普及啓蒙するための講演活動、ボディートークアクセスセミナー、個人セッションを行い日本中を飛び回る日々。

BodyTalk Japan ホームページ
http://www.bodytalk.co.jp/

講演タイトル 『21世紀最先端のエネルギー療法 ボディートーク療法』
講演 矢萩 由三子

和のカラダ学研究所 和道・ユミの会主宰  和道ヨガ・ユイの会 指導者 

高校生のころ「ヨガの喜び」の本と出会い、ヨガに興味持つ本を手本に自己流でヨガを学ぶ
第4子の重度のアトピーがきっかけで、温熱刺激療法 イトオテルミーの療術の資格を得、子育ての気と体力をつけるため、ヨガを学ぶそのヨガの指導者になり指導を十数年行い、いろいろな疑問や不安が少しずつ増えてきた頃に、ヨガの勉強を深めるために参加したヨガの合宿で 吉川隆啓先生と出会う
その不思議なヨガ世界観に衝撃を受け、「和道ヨガ」は疑問、不安を一掃してくれたことに感動
そして、日本人の身体や文化や歴史に合ったヨガ、女性に合ったヨガを学ぶことが早急に必要だと感じ、即吉川先生に師事、現在に至る。
「和道ヨガ・ユイの会」北海道支部では、ふた月に一度のペースで吉川先生をお迎えして“和道ヨガセミナー”を開催、東京でもセミナーの開催を企画する。
現在、和道ヨガ・ユイの会 指導者として 北海道、東京セミナー他 各地で 師匠の代行を務める。
既婚 娘二人 息子二人 

講和タイトル 「和道ヨガとは」
講演 石澤 匠

和合医療~歯・身体・こころ。その健康はひとつでした!

今、歯科医療現場でも口腔内の環境が全身に及ぼす影響がいろいろと言われ始めています。
また、全身から口腔への影響もとても大きいです。
口腔内を診るだけでも、全身状態や心の状態も診る事が出来きます。
我々歯科医師は患者さんから、口腔内から身体や心の声を聞くことにより、全身の健康づくりに寄与することができます。
特に予防という観点からは、日本の医療では早期発見・早期治療が未だに健康づくりの基盤であり、
我々歯科医師が未病を防ぐ健康づくりを行っていくことで、治療から予防医療へのシフトが可能です。
これからの予防医療には、東洋医療と西洋医療の垣根、医科と歯科の垣根を払い、
他の代替医療との?がりを持ち、木を見て森を見て、地球も宇宙もすべてを見る医療が必要です。
その予防医療を歯科医師が実践することで、さらなる医療の発展に寄与できると考えております。

プロフィール
高輪クリニック匠 院長
歯科医師

北海道医療大学歯学部卒業。
札幌医科大学付属病院にて口腔外科を学び、診療医として勤務.
米国ボストンインプラントセンターに研修留学。
トータルに健康をサポートする高輪クリニックの「和合医療」の理念を取り入れ独立。

子供の頃に京都本願寺に於いて釈迦如来に帰依し、お釈迦様の教えである自利利他の道を知ることができました。そのような生い立ちに育(はぐく)まれた精神に抱かれしっかりとこれまでの人生観に受容し、今こうして携わる医療において歯科医師としての信条は、患者さんに対して献身的な真の治療を施すことが信頼される医師としての定めであると確信しながら日々を努めております。
コンサート 茶喜利

静岡が生んだ吟遊詩人。
これまでにバリヒンズー教 最高指導者イダ・バグース・プトラ氏、およびインド古典音楽家キショール・ゴーシュ氏に師事。 ビートルズを始め数多くのミュージシャンに影響を与えた ラヴィ・シャンカール一門で 古典音楽ラーガを学ぶ。20代半ばに自分自身に流れる旋律(マザーノート)と出会い、プトラ氏より授か る“夢を叶える面Dream”と共に 世界を旅し即興演奏を続ける。 土に触れる山の暮らしから自然回帰、 自己回帰をテーマにコンサートやワークショップ、個人セッションを 開催する。

ワークショップ(個人セッション) 玉置 美和

兵庫県神戸市在住。お香調合師、着付け師範。 着付け師としての活動を経て、香木の放つエネルギーに魅了され、現在は独自の感性を活かし、調合師としてお香の世界を全国で伝えている。 日本の古くから伝わる文化には華道、茶道とならび、香道というものがある。この香道は他の2つとは異なり、歴史の流れの中で隠微な世界として公には広く伝えられてこなかった。その文化の神髄は伝える人により、姿形を変えていくが、美和さんの伝える 香の世界は鼻で感じる感覚だけでなく、意識の奥深くまでとどく香の力を、言葉ではなく、体感させることで人々に伝えている。”香りの扉” 人によってこの扉が開かれている人もいれば、閉じたまま生涯を終える人もいる。日本人のもつ特有の文化。香の世界。この香の世界を伝えるべく、日本全国でお香の調合ワークを開催している。また、その人に合う、必要な香をセッションしながらオリジナルで調合していく個人セッションも行っている。

スペシャルゲスト(出店者)紹介
立花 明美

ふんどしパンツと布ライナーのお店、まあるの店長
hanaこと、立花 明美です。
体の締め付けが苦手で、「はなぱん」と名付けたふんどしパンツと
布ライナーを数年作り続けています。
布ライナーは今年、札幌の「はなカイロ 」の木戸院長のご協力のもと、
改良に改良を重ね、今の形になりました。
使い手の意見を尊重し、作り手の楽さではなく使い手の気持ちになってお作りしています。
気になる方はいつでもお気軽にお問い合わせ下さい、お待ちしております。

山下 景子

株式会社CLAIR Ⅴ(クレアファイブ) 代表。北海道大学教育学部身体発達ゼミ 卒。北海道砂川市生まれ、札幌育ちの道産子。数秘術、ヒーリング、ヒプノセラピーを中心とした幅広いジャンルからアプローチ、積極的に講座、講演会を開催中。世界的なスピリチュアル・リーダー、セラピスト、心理学者等に師事し、専門的な技術と資格を修得。そして、長年の闘病生活を「大きな気づき」で克服した体験、様々な国内・外の聖地と秘境を訪問した体験をもとに、心と体が一体化してリラックスする「クレアハートセッション」を確立。
ご自身本来の、宝石のように光り輝くハートの想いを感じてもらいたい。ご自身の内なる力を取り戻して、自信をもって前に進んでいただきたい。クレアファイブは全力でサポートいたします。趣味は、愛犬のメイちゃんと戯れること、大自然の中を歩くノルディク・ウォーキング。
CLAIR Ⅴ オフィシャルサイト:http://www.clair-v.com/

陶工房 野乃屋(吉田優子)

1981年より陶芸を始める。1986年から87年までの一年間、道立工業試験場野幌分場にて研修。
1994年、倶知安町にて『野乃屋』を開始。1999年、岩見沢市に陶工房を開設。
子供や女性に使いやすい形の日常食器を中心に制作。
最近では、北海道産の呼吸する土”珪藻土(けいそうど)”の研究会に参加し、
様々な機能性をそなえた商品の開発も手がける。

『むすびめーる』遊戯会

五感を刺激して遊びませんか?

水引文化リレー「むすびめーる」

坂下 由矩

身心総体均整法・札幌整体院室経営、ノギスクラブ(整体スクール)主宰
子供の頃ペニシリンショックのため、心臓及び身体の諸器に様々な症状を抱え、苦しむ。近代医学にたよるも改善せず、40歳を過ぎ自分の身体を治すべく整体の勉強を始め、身体の神秘に目覚める。均整法を初めとし、様々な整体の技術を修業、研究し25年。受者の痛みに寄り添い、愁訴の根源を探り、「その人本来の身体のバランスを回復させ、それによって自然治癒力を最大限に引き出す」施術を行う。

桜井 一成

脳卒中による半身麻痺、言語障害などをセルフのタイマッサージで克服。
日本タイ両国におけるタイ伝統木槌トークセン療法のエキスパートとして、
現地の伝統医&シャーマンに師事しながら終わり無き修行中です。
全国11都市でタイマッサージ講師をつとめる。

ワイワイタイランド社『THE THAI MASSAGE GUIDE 2011』
タイマッサージ業界凄腕セラピスト15人の中に選出。

ラジオFM『Sabaai sabaai Thailand』
タイマッサージインフォメーション担当。
他、ラジオ出演多数。

川村 佳耀

札幌生まれ、鍼灸師 柔道整複師

祖父、父共に鍼灸師の家に生まれた3代目。
基本は内科疾患の病気の治療を得意としている。

また、手首の脈と首の脈を見ることで体の不調及び背骨の不調を見ることが出来、その結果には定評がある。

竹澤 さゆり

足裏リフレクソロジー 若石健康法・天城流湯治法・マスター介護予防運動スペシャリスト・若石健康法マスターズスクール講師。
2003年より、足裏リフレクソロジー 足もみ楽音を開業。
2010年に天城流湯治法に出会い、当時なかなか効果がみられないお客様へ天城流湯治法ワークショップを紹介し参加した所、
驚く効果に衝撃を受け、2011年天城流湯治法を取得。
これを機に天城流湯治法を取り入れた足もみ法を実施中。
施術を受ける側、施す側に負担が少なく、今までにない効果が出ています。今回初出店致します。是非お試しください。
足もみ楽音 代表

貝之瀬仁瀧幸

癒し整体 ~ku~
どこでも会えるをコンセプトに
出張・イベントを中心に活動しております。
お客様ひとりひとりにあわせた施術で
施術は筋肉を弛緩させてから骨にコンタクトする方法を用いております。
タマラプラクティショナーでもある自分達は、エネルギーを施術時に細胞の奥まで流すことで、
リラクゼーションも一緒にすることができ、施術後は、体が軽くなるとのお声もいただいております。
モットーは痛くなく瞬時に、ラクに、笑顔にすることです!

株式会社GEAR と提携しています。

カテゴリ: お知らせ   2012年9月25日

幸健美歯科クリニックでは、かみ合わせと全身の健康という観点から、
あらゆる医療、健康の統合を目指し、
信頼のできる業務を行っている「株式会社GEAR」と提携しています。 

■所在地  北海道札幌市中央区北1条西3丁目3-2メダルビル2F

■事業内容

     ・整骨、整体、マッサージの施術所の経営

     ・カイロプラクティックの治療所の経営

     ・医療用具、医療装具の開発・販売

     ・サプリメント、美容用品の販売

     ・経営コンサルタントの業務

     ・不動産の賃貸借および管理業

     ・その他前各号に附帯する一切の業務

                              以上

上に戻る

アーカイブ