治療の流れ


HOME » かみ合わせ・あごずれ治療について » 治療の流れ

治療の流れ

かみ合わせ・あごずれ治療の流れをご紹介

1. カウンセリング

姿勢や骨格のゆがみが生じることにより、筋肉のこり、血液、リンパの流れ、自律神経など、全身に悪影響を及ぼすことがあります。患者さまに現在の症状や状態を伺ったうえで、院長が治療内容のご説明と患者さまの疑問点などにお答えしながら、治療の可能性を判断してお伝えいたします。

2. あごの位置を診断

  • デジタル画像診断(パノラマX線写真、セファロX線写真[正貌、側貌]、顎関節X線写真、断層撮影など)
  • 顎運動分析(下顎運動解析装置[シロナソグラフ・アナライジングシステム]、限界、咀嚼、発語運動解析など)
  • 模型分析(マスティキュレーター咬合器など)
  • 筋触診(各部チェックポイント)、PEK-1など
  • 身体検査(重心、姿勢、身体のずれ、頭顔面部、下顎位、全身などのチェック)
  • 運動(顎開閉運動、歩行テストなど)
  • 筋肉応用機能学(アプライド・キネジオロジー)による検証

  • 下顎運動解析装置
    (シロナソグラフ・アナライジングシステム)

3. あごずれ矯正装置(MOSP)の作成・装着

全身の健康やバランスにとって正しいと判断され、かつ検証されたあごの位置でのかみ合わせの型を取ります。その型を元に、その人固有のあごずれ矯正装置(MOSPなど)を作成します。これらの装置は、あごを正しい場所に位置づけるための装置で、従来型のマウスピースや一般的なスプリントとは異なる特別な装置です。これを一定期間、生活に支障のない範囲で口の中へ装着していただきます。(例:就寝時、家でくつろいでいる時間等)

4.あごずれ矯正装置の調整

筋肉人体などの周囲組織が、今までの悪い位置に戻ろうと、抵抗力として働き、症状がでたり収まったりします。最初に装置装着の2週間後、その後約1ヶ月ごとに正しいあごの位置が身体全体になじむまで何回かあごずれ矯正装置の調整を行います。調整の際には、アプライド・キネジオロジーやPEK-1などによる検証も行います。

そして、身体症状が安定したら終了です。カウンセリング時に話し合った第一の目標近くで安定したところで治療は終了します。

あごずれ・かみ合わせ基本診断

診断料:¥12,000(税別)

ご希望の方は相談・体験と同時にご予約ください。また、相談・体験のご予約は、以下の電話番号または、お問い合わせフォームをご利用ください。

治療費:約¥400,000(税別)前後 個人個人の症状、治療目的等により異なります。

TEL:011-624-6443