お知らせ


HOME > セミナー・イベント

2018年2月 のアーカイブ

第3回「幸健美・顎調療術」ベーシック講座を開催しました。

カテゴリ: セミナー・イベント   2018年2月28日

昨年12月から開催している「幸健美・顎調療術」ベーシックコースを開催しました。

治療院、サロン、トレーニングジムに携わる専門家の方々向けに、あごと全身骨格に関する専門的知識についてお伝えさせていただきました。

そして、院長の特許取得技術で制作した一般タイプマウスピースA・Sを患者さんに使ってもらう時の診断の仕方を学んでいただきました。

参加の方々が実際のお互いの筋肉、骨格を確認しながらの実習も行い、より深く学んでいただきました。

引き続き毎月開催予定です。近々案内をアップします!

 
『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

「BOZE KAT ボーズカット」で、平昌オリンピック

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2018年2月21日

小平選手、金・銀メダル大活躍!!

「ボーズカット」とは、スピードスケートの小平奈緒選手が、成績が振るわなかった時期にオランダのコーチに付けられたニックネームでオランダ語で「怒れる猫」の意味です。

当時の小平選手は、空気抵抗を極力減らそうとひたすら低いフォームを目指し「深い前傾姿勢」をとっていました。それをコーチには「もっと怒った猫のように上体を起こし、骨盤を立てて股関節の可動域を広げるようにしなさい」と注意され、とても混乱したそうです。

しかし、そこからは、自らも積極的にフォーム改善に取り組み、徐々に成績がアップしてきたそうです。

・・・ここで院長のヨーシ・ノリノリおやじなりの考察:

私たち人類は、重力の下で二本足で直立に立つために、骨格のバランスと、筋肉のバランスを使っています。
重い頭(約5Kg)は下のアゴ(約500g)がおもりの役目をし、バランスをとって首、背骨、骨盤、足の上に乗っています。そして専門的には、下あご(Mandibula)、背骨(Vertebra)、骨盤(Pelvis)の正しい並べ方は、頭文字を取って「MVPポジション」といい体幹軸(コア)の基準となるポジションなのです。

ところが、深い前傾姿勢、うつむき、猫背が長くつづくと、下あごは前にズレ、頭は前方へ、背骨は生理的湾曲のS字カーブから、C字カーブへと歪み、骨盤も後ろに傾いてしまうのです。

このことで、骨、関節、筋肉、筋膜など様々なバランスが乱れ、負荷がかかり不調、不快症状の原因となってしまうのです・・・・。

実は、「下あごと骨盤」には「連動する機能」があるのです。下あごを引くように戻すと、背骨も安定し、骨盤も起き、正しく前傾するようになるのです。つまりMVPポジションを保持しつつ、練習することが、パフォーマンスアップには、大切な要素なのです!

スポーツに限らず、うつ向き姿勢(パソコン、スマホなどによる)に偏りがちな、私たちの日常生活においても、この基本姿勢を意識して、時々、頭、アゴ、背骨、骨盤ののリセットをすることが大切なのです。

現在の小平選手は、上体から足先まで、一直線に伸び、可動域も広い、パワフルな素晴らしいフォームですね!

☆そこで今日の一言ギャグ

小平奈緒(こだいらなお)選手は
いくつかの課題ら直し(かだいらなお)金・銀メダル奪取!!
おめでとうございます!!

追加ギャグでーす。

・・・ちなみに、野球部には入りたいが、丸刈りの坊主頭は嫌だと悩むことを
・・・ボーズカットならぬ「坊主葛藤(ぼうずかっとう)?」というらしい(笑)

『なぜ、アゴの位置を正すと、痛み、歪みが消えるのか?-あなたの身体はアゴで激変する!』
佐藤嘉則 著 ワニブックスPLUS新書

全身骨格バランスが大事。「舌骨くん」

カテゴリ:タグ: , , , , ,
かみ合わせ治療   2018年2月12日

マネージャ真弓です。

先日、フィットネス(ピラティスヨガ)トレーナーの谷口美和さんが来院されて、院長とマンディブラエクササイズの打ち合わせと、骨格談議に花が咲きました!

オリンピックでアスリートの方々が活躍中です。アスリートの方々にとってバランスの良い筋肉を作ることは大切です。

ただ、バランスの良い筋肉を作るために、まず、骨格バランスを整えておくことが重要です。

幸健美歯科クリニックのあごずれ、かみ合わせ治療で、全身骨格をバランスよくすることで、あらゆるジャンルのスポーツで力を発揮する、バランスの良い筋肉を作ることができます。

今回、特に院長が強調したのが「舌骨(ぜっこつ)」。のどの奥の方にあって、どの骨ともつながってなくて、筋肉などのみでつながっているので、骨格の模型では浮かせていなくて行けないので、付いていないことが多いです。

この、舌骨の模型は院長の手作りです!形は顎関節そっくりで、皆さんののどの奥にあって、かなり重要な働きをしています。

      

 

アーカイブ