お知らせ


HOME > 院長のオヤジギャグブログ

2012年4月 のアーカイブ

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「脳とあご・かみ合わせについて考えてみよう!」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2012年4月29日

ヨーシノリノリオヤジです。

私たちの脳から、神経は外の器官へ全部で12対、

つまり左右12の部位から出ているのです。

 

12の脳神経の中で、もっとも太いものは

三叉(さんさ)神経と言って、

三叉ソケットのように三つに分かれている特殊なものなのです。

 

そのあたりのことを、いつものようにノリノリ画伯のイラストで説明しますよ(汗)

頭の中の、一番上には、

大脳(大きなシワシワのところ)があり、

後ろのほうには小脳があります。

 

その、大脳の側頭(横のところ)から

三叉神経のそれぞれが出ている図です。

 

三本に分かれているもので、上から、

眼(がん)神経、上顎(じょうがく)神経、下顎(かがく)神経という

名称でそれぞれの神経を支配しています。

 

ここで大切なことは、

頭に対しておもりの役目の下アゴ、下顎骨には

脳から一番太い三叉神経のうちの一本、

下顎神経がダイレクトに骨の中につながっているということです。

 

それは、なぜでしょうか?

 

物を咬んだりしゃべったり、いろいろな動き、姿勢の中で、

バランスを取るため、あごを動かす機能は、

人間の身体や、生命活動の中で、極めて重要なことなので、

脳が、直接的に指令を出すため、そうなっているのです。

 

また、逆に、あご、かみ合わせなどの情報の刺激が脳に伝わることが、

脳の活性に大いに関連性があるのです。

 

つまり、学習能力向上、ボケ防止対策の面でも

効果的なのですよ!

 

そんなわけで、今日の一言ギャグセラピー

 

下アゴ、下顎骨を正しい位置で、正しく機能、活動させることは、

首から脳への血流アップとともに、

神経学的にも、脳の活性にものすごく関係があるのです。

 

これは、下顎的にも、科学的にも・・・・

 

歯科的にも、しかと・・・・・

 

解明されていることなのですよ!(笑)

 

Smile for Japan from Sapporo お礼です。

カテゴリ: セミナー・イベント   2012年4月28日

マネージャー真弓です。

幸健美歯科クリニックは、
14日に地下歩行空間でアスパラダイス展示ブース。
15日に日生ビルのインゾーネさんで、かみ合わせ体験ブース。
を出させていただいてました。

たくさんの方に立ちよっていただきました。
かみ合わせ、下あご・骨盤エクササイズ(マンディブラエクササイズ)も
多くの方に体験していただけました。
ありがとうございました。

あれからあっという間に2週間、
時がたつのは早いわ~。
幸健美歯科クリニックは、
今日は診療日で、明日からゴールデンウィークに入ります。
5月1日2日は、お休みをいただきます。

その前に、Smile for Japan from Sapporoの実行委員より
今回の売り上げから、収支報告が入っていますので、お知らせします。
「最終的な収益から、経費、次回開催の準備金などを除き、
残額約53万円を
『あしなが育英会』『子ども元気笑顔プロジェクト(NPOみやぎ仙台こどもの丘)』
2箇所に50%の割合で支援させていただきます。」

今月中に振り込まれ、また別途報告があるそうです。
来ていただいた皆様ありがとうございました。

東日本震災チャリティ Smile for Japan from Sapporoに参加します。

カテゴリ: セミナー・イベント   2012年4月13日

マネージャー真弓です。
今週の月曜日から始まっている第3回Smile for Japan from Sapporo です。

会場は、札幌地下歩行空間と、日本生命ビル1階のin ZONEです。

幸健美歯科クリニックは、
明日14日(土)は地下歩行空間で、
クリニックキャラクター「アスパラダイス」の展示
ストラップの販売。

15日(日)は in ZONE内で、
「あご、かみ合わせ体験」と
「マンディブラエクササイズ(下あご、骨盤体操)」
のブースで出店します。

今日はアスパラダイスブースの準備!
馬鹿な夫婦ですみませ~ん(笑)


明日は、地下歩行空間でお待ちしてます~。

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「さっぽろから愛を届けよう Smile for Japan from Sapporo」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2012年4月13日

ヨーシノリノリオヤジです。

4月14日(土)、15日(日)

札幌地下歩行空間と、日本生命ビル1Fのin ZONEにおいて開催される、
東日本震災チャリティイベント
「Smile for Japan from Sapporo」に

幸健美歯科クリニックも参加しています。

まず、明日14日(土)は地下歩行空間で
院長考案の「北海道パラダイス計画」の
アスパラダイス展示。

15日(日)は、in ZONE内で
下あご、骨盤体操の
「マンディブラエクササイズ」
さらには
「あご、かみ合わせ体験」を行います。

皆様よろしくお願いします。

そんなわけで、今日の一言ギャグセラピー

どうだい、歯科医師なのに、

こんなユルキャラ自分で作っちまったぜぇ~~っ
院長、マイルドだっぜぇ~~っ

ブースには、ずっといないかもしれないぜぇ~~っ

たまには、居るどで・・・・・
たまにワイルドだっぜ~~っ

(スギちゃんのギャグだぜ)

アスパラダイスで、「明日パラダイス!」(笑)

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「ところで、下あごはどこにあって、どう動くのか?について考えてみよう!その2」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2012年4月9日

ヨーシノリノリオヤジです。

前回、自分の手で、下あごを直接触って確認してもらいました。
(本当にちゃんとやってみました??(笑))

今回はさらに、ノリノリ画伯の、
解剖学的イラストで、内側をもう少し詳しく説明します(汗)

右側の図は、頭、下あご(下顎骨)、首、肩、胸の部分の
筋肉の付き方を表しています。

左側の図は、頭、下あご、首、肩、胸の骨格と
それぞれの骨を繋ぐ筋肉を
青い線で表しています。
(下あごは、黄色く塗っているところです。)

このように、人間の身体は、がっちりと固定されたものではないのです。

約5㎏の重い頭を、積み木のような首の骨の上で、
重力に対してまっすぐ保つために、様々な方向の筋肉が、
常に働いているのです。

まるで、帆船のセンターポールを支えるロープのようで、
はたまた、操り人形の糸のようにもなっていて
お互い、微妙なバランスをとり合って、姿勢を保っているのです。

その中で、下アゴ(マンディブラ)は、こめかみのところから
筋肉でぶら下がっていて、顎関節も形成しているのですよ。

下アゴをつりさげている筋肉は、側頭筋(そくとうきん)と言って、
下アゴのズレなどを起こすと、ストレスで緊張して、
頭痛の原因となることが分かっている特に重要な筋肉なのです!

そんなわけで、今日の一言ギャクセラピー

下あご(マンディブラ)は、頭のバランスを取る重要な働きをしています。
そこで質問です!

下アゴを頭からつり下げている
筋肉の名前はなんでしょうか?

えっ?!答えられないって??

→ 重要な筋肉なんだから、即答してくださいよ!(笑)

上に戻る

アーカイブ