お知らせ


HOME > セミナー・イベント

2007年7月 のアーカイブ

石川尚子コーチのセミナー「そこまで言うか!」

カテゴリ: セミナー・イベント   2007年7月31日

マネージャー真弓です。

昨日の夜、

ビジネスコーチ石川尚子さんの
本音のしゃべり倒しトークライブ
「そこまで言うか!」
子供の可能性を引き出す
コミュニケーション術

に参加してきました。

食べながら、飲みながら
楽しくお話を伺いました。

リラックスして、
気楽にお話を楽しみました。

ああ、そうそう、そうなんだーと
感心したポイントがたっくさんありましたが、
メモをとっていなかったので、
記憶からするすると~~
潜在意識に組み込まれたと、信じます。

その中でも、やはり、子供に向けた態度のあれこれ

気を付けているようで、きをつけていない。
分かっているのに、やっていない・・・

反省しながらも、今度はこうしようととりあえず
頭の中にイメージを作っておきました。

質問も多くて、時間オーバーして
話は続き、石川コーチを堪能してきました。

興味のある方は
『子供を伸ばす、共育コーチング』石川尚子著
を、買って読んでくださいねー。

あごずれ・かみ合わせ治療とは。その1

カテゴリ: かみ合わせ治療   2007年7月30日

マネージャー真弓です。

うちの優秀なスタッフたちが、
ブログに挑戦してくれているので
私も、クリニックで行っている

あごずれ・かみ合わせ治療について、
少しずつ、シリーズで書いていきます。

あごずれ・かみあわせ治療 その1

咬み合わせが悪いことで
困っていることはありますか?

当クリニックで、特に治療対象となるのは
咬み合わせの悪さにより
あご(下あご)が前後、又は、左右などに
ずれている状態を正しい位置に矯正することを言います。

あごのズレを問題にするのはどうしてでしょう
あごがずれていることで、困ることは
こんな事があります。

つづく

かみ合わせとインプラントの専門歯科 幸健美歯科クリニック

 

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「地ビール造り体験記」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年7月29日

ヨーシノリノリオヤジです。

ノリノリオヤジが所属している交流会でのイベントで、
「皆でビール造り体験」という集まりがあって
参加してきました。

 
 場所は、東区にある体験工房「札幌づくり麦酒」
と言うところで昔の倉庫を改築した、
とても雰囲気のよいビァホールにもなっていましたょ。

自分たちで3種類(ラガー、スタウト、ピルナー)の
オリジナル地ビール造りを約2時間かけて体験してきました!

もちろんずーっと造っているわけではなく、
その間5種類のビールを試飲?と
おいしいお料理を食べながらの作業になってま~す。

たとえばマッシュ→麦芽計量→麦汁調合→ホップ投入→酵母添加など
とやってきました。

 途中で麦芽をさまざまにローストしたものや
ホップを試食してみましたが、
麦芽はけっこうこうばしくて、おいしかったですょ。

 ところが、ビールの苦味、芳香の味付けになる
ホップの実を乾燥固形化したウサギのエサ状?のものは
超辛くててまずかったです!
(注:ノリノリオヤジの家では、ぴょんち
 という名前のウサギを飼ってま~す。
エサも食べて実際にくらべたほうがいいのかな~)

あまりのホップの苦さにびっくり!
思わずその場でジャンプ!

これが本当の 
「ホップ,たべって、ジャ~ンプ!」(笑)

発酵して、ボトル詰めされて送られてくる
オリジナルビールは約40日後ということ
なので今からとても楽しみでーす。
 

とにかくとっても貴重な体験をさせてもらって大感謝です。

そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

札幌発の限定ビール、地ビールをオヤジが造ってきました!?

つまり・・・・おや? 

地ビールで オヤジビール

飲み過ぎて オヤジ ノビール   

酔っぱらってトイレに間に合わず・・・少しチビール?(下ネタ?)

ところでビァホールの真ん中で
ビールビン持ってぐるぐる回っていた
酔っぱらいの技、は・・・

「ビールマン スピン!」というらしいです。(笑)

つまらなくてもおもしろい?・・・・ 

オヤジギャグビールス 感染拡大中~ってかっ!?(笑)

 ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ! 

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「オールスターの華? 森本ひちょり選手?!」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年7月25日

ヨーシノリノリオヤジです。

森本選手が、
「オールスターでは、
何か面白いことをやります。」
と言っていたので、
ノリノリオヤジも
楽しみにしていました。

第1戦では、とんがり頭の
特殊メイク姿で登場しました。

ところが、いまいち
何のキャラクターか分からないし、
ビミョーな、雰囲気の笑いになりましたね。

ハゲたとんがり頭同様、
かなりスベッたギャグでしたねぇー(笑)

同僚のメールでは
「大丈夫?」と
書いてあったそうで、
かなり本人もあせったそうです。

一方、第2戦の
緑色のキックボクサー姿は
あまりにハマリすぎで
皆納得して、大爆笑でしたね!?

本当は、ムエタイボクサーと
いうらしいですが、
とにかく無(心?)で、
得たいの知れないボクサー姿をする
ひちょり選手はすごい!

去年の、緑のピッコロ大王に続き
すっかりオースルターの
顔ですね。

試合でも、3打数2安打1盗塁で
優秀選手もゲットしました!

また、西武のカブレラ選手は
ひちょり選手のことを
「日本のオバカさんです。」と
紹介していたそうですよ。(笑)

そんなわけで、今日の一言ギャグセラピー。

日ハム不動の1番打者
新庄選手の背番号1と
パフォーマンスを
引き継ぐ男
森本稀哲(ひちょり)選手は
明るく、楽しいキャラクターで
全国区の人気者です。
応援しています。

森本ひちょり選手だけに
これからも楽しいパフォーマンスを
モリモリ、モットモットして、
ひちょり(独り)舞台で大活躍で
野球界の話題をひちょり占め!!ってか!

○提案○
ノリノリオヤジは、
ひちょり選手の
次のオールスターでの
パフォーマンスは、
相撲取りの、まわし、ちょんまげ姿が
いいと思います!

ちょんまげは、伊達時代村の
ニャンマゲがいいかも。
え?このアイデアいまいち~?

絶対に似合うと思いま~す。

オヤジのひちょり相撲ってこと?
汗びっちょり・・・・

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ! 

オーラを出して歩こう!みんなでデューク!!

カテゴリ: セミナー・イベント   2007年7月24日

マネージャー真弓です。

私はセミナーが大好き!

いろんなセミナーに出かけていっては必ず、次の日に、
クリニックのスタッフと内容を分かち合います。昨日は、「デューク更家ワンデイウォーキングセミナー」
に参加しました。

早速、スタッフミーティングでは、
みんなで、「ビシッ!ビシッ!シュッ!シュッ!」

と、オーラを出しながら歩く方法を披露し、、仙骨の立て方、筋肉ほぐしを

みんなで実践しました!

うちのクリニックでは、時々
こんな、ミニミニセミナーをやってまーす。

かみ合わせとインプラントの専門歯科 幸健美歯科クリニック

 

北海道新聞健康アドバイス

カテゴリ: お知らせ   2007年7月17日

平成19年7月17日 北海道新聞 
「健康アドバイス」
スポーツとマウスピースについて

 doshin0707171

スポーツとマウスピースについて

スポーツ歯学とは、スポーツに起因する、外傷予防やスポーツパフォーマンスを最大限に発揮できるように歯科学的にサポートすることです。

スポーツ歯科的口腔領域での関与としては、1913年にイギリスでのボクシングの試合である選手がマウスピースを使用したことから始まるとされています。

これはマウスガードとも呼ばれているものです。競技中の衝撃や、かみしめの保護緩衝屋、衝突外傷を予防したりするための装置なのです。

競技の中には試合中の装着を義務付けられているものもあります。現在、材質、形状、装着方法、市販、オーダーメイドなど様々なものがあります。

 ただ、その製作の仕方によっては、顎関節や、身体のバランス面などに悪影響を及ぼす可能性を指摘されています。なぜなら特に下の顎は、顎関節を支点として重い頭のバランスをとる「おもり」としての役目をしているからです。そしてかみ合わせとともに重力の中で、脳からの指令を受けて、骨格、筋肉などの全身バランスに大きく関与しています。

スポーツをより安全に、そして個人個人のスポーツパフォーマンスを最大限に発揮するために、マウスピースなどの使用を考えている方も多いと思います。競技種目によっても異なりますので、一度、より詳しく顎口腔系の先生にご相談されることをおすすめします。

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「顎関節症で7連覇ならず!?」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年7月2日

ヨーシノリノリオヤジです。

7月4日、米独立記念日恒例のホットドッグ早食い競争が、ニューヨークで行われました。

6連覇中だった小林尊さんは、63個食べましたが、チェスナットさんが、それを上回る66個の新記録をうち立てて、優勝したそうだ!

制限時間12分間に、ホットドッグ60個以上とは、2人ともすごすぎ~る。人間じゃネエ。(食べるというより、ほとんど飲んでましたねぇ~)

実は、小林さんは、大会前から口が開かなくなっており、「顎関節症」と診断されていたそうです。

顎関節症とは、簡単にいうと、顎の関節雑音、関節の痛み、運動機能障害などの三大症状があるものをいいます。

原因としては、顎、咬み合わせのズレ、口腔習癖、精神ストレス、歯ぎしり、口を大きく開けたり、職業的習慣などが、関係して、悪循環を作っていることが多いのです。

あややと呼ばれている、松浦亜弥さんも、去年「顎関節症で、コンサート中止」という、事もありましたから、今の、小顔系の若者には発症しやすい病気といわれています。

もし、症状が出たら、早めにきちんと、顎口腔機能検査を、してくれるところで相談しましょうね。(宣伝でーす。)

そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

きちんとした、顎、咬み合わせで、しっかり噛んで食べましょう。

カムカムハッピー運動期間中!!

松浦亜弥さんも、顎関節症だったんですよ。

あややのアゴは、あわや、わややってか?(笑)

ホットドッグ大食い大会にて、(少年老いやすく、学なりがたし編)

少年大食いし、顎、開きがたし。

少年大食いし、顎、ガクガク鳴り出す。

ちなみにオヤジの場合は、

中年大食いし、脂肪太りなりやすし!ってか!!

顎関節症でメタボリック症候群

ダブルパンチで、ダブル受賞(症)?!(涙)

 ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ! 

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「あなたとあなたの周囲がコーチングで変わる?」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年7月1日

ヨーシノリノリオヤジです。

先日、六本木ヒルズのカリスマビジネスコーチ斎藤潔コーチのコーチングセミナーを受講しました。
今、ある意味コーチングはブームになっていますね。ノリノリオヤジも本などを読んだことはあるのですが、セミナーに参加したのは初めてです。
コーチングとは「対話を通して話し手に気づきを与え、気づいたことを行動するように促すコミュニケーションスキル」といわれています。

セミナーでは2人ペアになり、実際に「心ここにあらずで聞く」「身を入れて相手の話を聞く」のロールプレイングをしました。その中でうなずくこと、アイコンタクトをすること、身振りの大切さや質問の重要性などを学びました。

「相手は無限の可能性を持っている」「答えは全て相手の中にある」という立場で進めていくそうですね。

また、斎藤コーチはとても人間味があり、話も面白く、特に、今までの仕事をやめて50歳で、コーチングを中心とした独立を決意した話などはとても興味深く、感銘を受けるものでした。

大変役立つ内容で、ノリノリオヤジも色々な面で活用していこうと思いました。

そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

コーチングにおいては、コーチにとっては、答えは、相手の中にあり、クライアントに気付いてもらうことです。
クライアントにとっては、自分自身の意識の変化に気づき、モチベーションアップにつながるそうです。

コーチングで話しやすいコーチと、こころの耕地を耕して、コミュニケーションを構築(コーチング?)しよう!!

コーチングの費用は、工賃っていうんだっけ?

工賃ちゃんと払わないと、拘置所 行きなんだよ~~!!(笑)

 ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ! 

上に戻る

アーカイブ