お知らせ


HOME > 院長のオヤジギャグブログ

2007年4月 のアーカイブ

京都旅行

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月27日

ヨーシノリノリオヤジです。

いつも、暦通りにしか休みが取れないノリノリオヤジは、
いつも最高に込んでいて高い連休に旅行に行く羽目になってしまいます。

今回は、明日から3泊4日で京都に家族と親を連れて行ってきます。

京都で、新しいギャグを仕入れてきます。楽しみにしていて下さい。

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「スポーツ能力とアゴ咬み合わせの重要性」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月24日

ヨーシノリノリオヤジです。

 スポーツニッポンの記事に北京五輪サッカー(U-22)日本代表、平山相太選手(FC東京)が、最終予選に向けてマウスピースを作る計画があると書かれていました。「マウスピース装着で安定感、平山得点力UPへ歯応え十分」の見出しと、・・装着により瞬間的に、歯をかみしめる力が強くなり、ボールを蹴る力や、接触プレーでの安定感がアップ、フランクフルトのFW高原選手も使用していたとのこと。 五輪出場には平山選手の活躍が不可欠となるため、”新兵器”にかかる期待は大きいとの記事でした。

 なるほど、マウスピースがスポーツ能力に関連していると、一般の人々や、スポーツマンの方々に再認識してもらうには、とてもいい記事でしたね!

 ここで、実際にスポーツ選手(サッカー、スケート、スキージャンプなど)を応援させてもらっているノリノリオヤジが、ひと言付け加えさせてもらいますよ。・・・それは、一般的にマウスピースと呼ばれているものは、歯や、歯肉などを保護し、外傷を予防する目的のマウスガードを呼ばれている物がほとんどであるということです。・・・そしてこれらと、より運動能力、筋力、バランスアップなどの向上を目的に製作された専門的口腔内装置とは一線を画すものなのです。

 特に、アゴは頭、身体の重力バランサーであり、その咬み合わせを人体構造的に正しい位置に修正することで、その人の最高のパフォーマンスが発揮できるのです!!これは専門的な検査や、知識と技術がいるものなのです。・・・また、強くかみしめるから力が出るというのものではないのですよ。   詳しくは当クリニックのホームページを見てくださいね!実際の選手のコメントも載っていますょ。(宣伝でーす!(笑))

  そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

 アゴは顎、英語ではjaw(ジョー)とかchin(チン)ともいいますね。
 そういえば、スピルバーグ監督の大ヒット作、大きなサメ、大きなアゴという意味のジョーズjawsは大迫力で、アゴを外すぐらい上手でしたね!
 (あまりうけずに、さめざめ、と泣く・・オヤジ・・)

 気を取り直して、アゴを上手に使って、スポーツ能力最高!?
 
 思わず、相手方が・・・・沈黙(chin黙)!
 
 あれ? ギャグの咬み合わせがいまいち? ・・・ 誰か治療してくれ~~!(笑)

 ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ! 

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「New 八方美人のススメ?」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月19日

ヨーシノリノリオヤジです。

 人にニコニコ愛嬌を振りまいて、誰からも好かれようと思うことは良いことだし、大人の社会のエチケットでもありますよね。 しかし、実際は誰からも好かれようとしても、無理があるし、利害が相反する人、好みが違う人もたくさんいますよね。ですから、誰からも好かれようと努力することは、ある程度の線を越えると、疲労するばかりで、実効力はなくなってきますよね~(オヤジだけ?)

 「あー、私がこんなに考えているのに、みんなは分かってくれない。」と不満にもなりますよね。四方八方の人に、いい顔を振りまく八方美人のことについて、宝彩有菜さんの本に書いてあったんですが、八方の一つは自分がいますから、自分以外の7つの方面について考えてみようということなんです。

 つまり、自分以外の7つの方面を3つに分けて、2:3:2に分けて考えるんです。 最初の2はこれからも親密に仲良く付き合いたいというKeep 2、 どちらでも良い無色の関係の人をMiddle 3、 付き合っても自分の人生の勉強にならない、あまり付き合いたくない人を、bye bye 2、と区分分けするんです。八方が八方とも全部同じようにしようとしないことで、とても楽な関係になるそうです。

 ノリノリオヤジもなるほどと思いました。 だってあの、キリスト様や、お釈迦様でも、いろんな考え方が有るこの世の中では、世界中の万人の人に等しく、正しく理解されているわけではないですよね・・・ それを、自分が、そうしようとするのは理想的だけれども、この物質社会の世の中では、やっぱり現実的ではないんでしょうかね・・・・

 そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

 八方美人は疲れるかも・・・・ New 八方美人で、元気な、発想美人に!!

 ところで、男女の、もめ事の、代名詞となっている、「三角関係」について。・・・自分と、親密に付き合っている相手が二人で、三角形の形を作って角が立ってもめるんですよね。 ・・・ということは、自分を中心にして、もっと親密な相手を増やしていくと、例えば、相手が3人ならば四角形になり、4人なら五角形になり、ドンドン増やしていくと、最終的にキレイな円形に近づくんですよね!!つまり相手が増えれば増えるほど、円滑で円満な関係になると言うことですよね!相手の数が少ないから、角が立つんだ!(納得)! まずは自分の回り八方に、美人をはべらせればいいんっだね!「自分の八方に美人・・・円満作戦?!」   それって、 妄想じゃないの?  

( もめ事が嫌いなので)、・・・・・もう、 そうするしかなかったんです。(笑)

 ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ! 

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「世代別の怒りについて。キレル、ムカツク?」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月17日

ヨーシノリノリオヤジです。

「怒る」というのは、世代間の違いが一番良く現れる感情だそうです。

例えば、無視された、馬鹿にされた、親の言うこと、上司の言うことが気にくわない、新聞の脱税、汚職記事、無差別殺人だとか、どうしてこんなことが世の中にあるんだろうと、自分の心の中に怒りが出てきますよね。その怒りを表現する言葉が、世代によってはっきりと分かれているらしいんですょ。

10代、20代ならば、「ムカツク」。30代~50代ならば「頭に来る」。60代以上になると「腹が立つ」と言うらしい。 この表現の違いについて考えてみると、「腹が立つ」は、怒りがお腹の中にたまってむしゃくしゃして、それがこみ上げてきて怒りが起こる。「頭に来る」は、怒りが頭の中に入ってカチンと来ること。 けれども、「ムカツク」では、お腹にも頭の中にも一切入っていないのです。多分、条件反射の用に即座に反射したり、反応し、身体の前ではじき飛ばす怒りだといわれています。

そして、「ムカツク」というのは、相手と自分との関係が切れている。関係が遮断しているので、「キレル」「ムカツク」という感情になるそうです。 今のいじめとか、学級崩壊なんかにはこういうことが関係しているんじゃないかと、ノリノリオヤジは考えています。つまり、身体の中にそういう感情を一切止めずに、ただ、反射、反応しているみたいですね。
テレビゲームなどの、バーチャルな一人遊びも関係しているんですかねぇー。

そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

「怒り」という字は、奴隷の心と書くんですよね。 だから、変にとらわれた心なんです。「怒り」は、悪いストレスとなって、自分の大切なエネルギーを奪って健康にも良くないんです。  ノリノリオヤジも短気には気を付けます~(笑)

怒りは、喜びの衣をつけてイカリングにして、消化しよう!
今日のダジャレのキレはいまいちですね。・・・・ 今の、発言に切れてますか?・・・ キレてないですよ、 ちょっと切れ痔だけど、***出血サービス!(笑)

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ!

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「 思い出は、女装? S歯科10周年記念でのスピーチ」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月14日

ヨーシノリノリオヤジです。

S歯科のB子先生は、ノリノリオヤジが大学卒業後、初めて就職した総合病院の歯科医局(当時4人体制)での先輩女医先生なんです。

当時、何も分からなかったフレッシュオヤジは、仕事の面だけでなく、色々なことで相談させていただきました。(本当に感謝しています。)あの頃は、総合病院ということで、他の科の先生たちとの交流も結構あって、楽しかったですよ。その中で一番恥ずかしかった思いでは、やっぱり女装して歌ったことですね。もう一人の先輩歯科医師が結婚することになって、何か余興をすることになりました。当時、同部屋だった産婦人科の二人の先生たちとB子先生が、一番年下だった私に女装させて歌わせたら面白いんじゃないということで、勝手に決められてたみたいです。

結婚式当日、式場の廊下のところで、ニコニコしながら、笑顔のB子先生が、大きな紙袋を持って私を待ちかまえていました。その中身はというと、B子先生の白いドレスと、ハイヒールとネックレスでした。トイレで着替えさせられて、化粧をされて、口紅は真っ赤に塗られました。余興の時間に、産婦人科の先生とデュエットで、銀座の恋の物語を、冷や汗だくだくで、歌ったんです。歌い出すと、ざわめきの中、それでも拍手喝采でした。また、一部では、「以外にきれいじゃないか?」という声も聞こえてきたんですよ。ただ、堅物の歯科部長には、一切言ってなかったので、「お前たち、なにやっているんだ」という感じで、目が点になっていました。

そんなこんなで、公私ともにいろいろとお世話になっている、B子先生の開院10周年のパーティで、スピーチをしてきたんです。とても楽しかったです。

そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

女装したのは、あのとき以来、一度もありませんよ。(ちょっと残念ですが。笑)

女装したとき、変な、助走がついて、へんな趣味に走らずにすんで良かったです。(笑)

♪ハイサー、おじさん!  ♪変な、おじさん!  ♪歯医者、オヤジ~!  ♪変な、オヤジ~! ~ てかっ

今から、思うと、あのころは、ビジュアル系ニューハーフ的女装だったのかもね・・・・

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ!

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「ツキを呼ぶ五日市さんの話。」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月13日

ヨーシノリノリオヤジです。

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」で有名な五日市剛さんのサイン会が、昨日、札幌市琴似の書店でありました。 夕方、自分は仕事で行けない時間だったので、妻がいってくれてサインをもらってきました。サインは、一人一冊しかしてもらえないので、やさし~い妻は、私の名前でサインをもらってきてくれました。ツイてる!、感謝!(ほとんどゴマスリ~)(笑)

サインには「思いと言葉は人生を創る。」と書いてあってとっても嬉しかったです。感動!

去年、五日市剛さんの本を、ひょんなことから、知人にいただいて、読んでから、すっかりファンになりました。そして、去年の札幌での講演会も見に行ってきました。

五日市剛さんが失意のどん底だったときに、イスラエル旅行中に会った不思議なおばあさんに教えてもらった「ありがとう。」と「感謝します。」という言葉の大切さのお話です。

本のイメージでは、五日市剛さんはとてもまじめなイメージでしたが、見に行ったら、ジョーク連発、身振り、手振り、オーバーアクションで綾小路きみまろさんみたいで、びっくりしました。(実は密かにノリノリオヤジもきみまろさんの本を読んで、エンターテイメントを勉強中なんですヨー。)(笑)

ところで、妻がもらってきた名刺を見せてもらったんですが、連絡先が、・・・赤い字で携帯電話の番号が書いてあったんですよね! もし、あの番号に掛けたら本当に五日市剛さんが出るのだろうか? 気になって、気になって、でも、まだ自分で掛けてみる勇気はないんですよね。 いつか、掛ける日がくるんだろうか?(掛けてみたいー!!まるで魔法の電話番号だ!!(笑))

そこで、今日のひと言ギャグセラピー。

その人の思いと、口から出る言葉は、人生を創るんですよ! 「ありがとう。」「感謝します。」「ツイてる」のような、プラスの言葉は、大事ですよねー。

口からは、+(プラス)の言葉を話そうよ!  口に+(プラス)で願い事が「叶う」という字になるんだよ!
それに、さらに-(マイナス)の言葉がつくと、「吐く」になって、願い事がでていっちゃうんだよー!   もったいないからノリノリオヤジも気を付けてまーす。

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ!

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「オヤジ臭いとは、何ざんしょ?」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月11日

ヨーシノリノリオヤジです。

昨日、たまたま、TVで「踊るさんま御殿」をボーっと見ていたら、「オヤジ臭いとは、どんなこと?」という質問が出ていた。 その中の例では、「人と話していて話が合うたびに、握手を求めてくること。」 「これ、それ、あれ、後は身振りで会話する人。」(ちなみにノリノリオヤジも興奮してくると言葉より身振りが多いとよ~く注意されます。)(汗)

ゲストの若い、女性のタレントさんが「お札を数えたり、雑誌をめくるたびに指をなめるのはとっても許せない!」と言っていました。 それを聞いて野球解説者の板東英二さんが、「人間は60過ぎたら、水分が減ってかさかさになるから、なめないと数えにくいんだよ。」と、居直っていました。 確かに、赤ちゃんの身体の水分量は80%あるのに、20歳を過ぎると60%、後はどんどん減ってくるんですよ。 だから、「みずみずしい」から「しなびた」になるんですよね~(笑)

前から、さんまさんの、「ヒャ~~!」って言う笑い方は、何でなのか疑問に思っていましたが・・・・よく見ていたら、息を吸いながら笑っているんですね。 息を吐きながらしゃべって、吸いながら笑って、笑いのサイクルが循環して、全然止まらないんですね! だから、さんまさんのトークは、ずーっと面白くて、ハイテンションなんですねー。感心、感心!

そんなわけで、今日のひと言ギャグセラピー。

しゃれオヤジは、指先をなめて、お札を数えたり、本をめくるのはやめようョ! 若い女の子から冷た~い視線で、辛酸をなめることになっちゃうからねー。(涙)

さんまさんは、歯も出ているから、歯出(はで)な活躍ができるんだよねー。(笑)

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ!

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「オヤジの今日は講習会参加で疲れたび~」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月10日

ヨーシノリノリオヤジです。

今日は、心と体の健康に関連した講習会に参加してきました。講義中に実技実習もありましたので、結構脳みそと筋肉を、しっかりハードに活動してきました。

結構感動モノでした!後ほどしっかり納得してから、その内容についてはお伝えしたいと思います。

今日は疲れたから簡単に。 そんなわけで、今日のひと言、ギャグセラピー。

講習会、本当に行ったの? あやしいなー、ウソくさいなー、におうよー! え、くさい?におう? 講習会じゃなくて・・・口臭かい?

ギャルが言う、「オジさんは、カレーも食べずに、加齢臭」

何、言ってんだ~よ! 今のチョイ悪、ノリノリオヤジは、華麗なる一族の豊かな香りの、華麗臭なんじゃ~い!~てかっ!(笑)

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ!

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「堀井学さん、北海道議会議員当選おめでとうございます!!」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月9日

ヨーシノリノリオヤジです。

「堀井学さん、北海道議会議員当選おめでとうございます!!」

94年リレハンメルオリンピック・スピードスケート銅メダリスト堀井学さんが、選挙初挑戦で、みごと当選なさいましたね!1議席を争う相手は、6期連続当選を目指す強力な現職議員でした。

出馬表明から、3週間あまりのあわただしい選挙戦でしたし、選挙前はかなりの劣性がマスコミを通して、伝えられていましたが、僅差で、早い段階で当選確実が出たのを見たときは、ノリノリオヤジも本当に嬉しかったです!

遊説中の堀井さんは、選挙カーを使わずに小走りに、ひとりひとりと握手していました。その堀井さんの姿は、とても印象的でした。本人は、「スケートで培った体力を生かして、走り回りました。」とおっしゃっていました。

テレビでその姿を見まして、ノリノリオヤジは選挙区が違うため、1票を投じることができず、イライラしていましたが、いてもたってもいられず応援メッセージを送らせていただきました。

「堀井さんは、冬季オリンピックで、氷の上、氷上のレースで、みごと銅メダルを獲得されました。 今度は、北海道で、道議として、政治でみごと当選されて、北海道の道メダル、北海道メダルを獲得してください! 選挙の票は氷(こおり)の氷(ひょう)に通じます。堀井さんには、たくさんの票(ひょう、氷)がついています。大丈夫です。是非頑張って下さい。応援しています。」

ノリノリオヤジらしく、ちょっとダジャレも入っています。

当確が出てすぐ、当然、別のおめでとうメールも送らせていただきました。

そもそもノリノリオヤジと堀井学さんとの出会いは、2年ほど前に、JR北海道野球部の皆さんに、「スポーツ能力と咬み合わせとあごの関係について」セミナーを依頼されたことでした。 その時堀井学さんも、「スポーツ選手のメンタル面の強化」の講演をしていらして、お互いに講師同士でお会いしたというわけです。

堀井学さんも、オリンピックのメディカルチェックなどで、咬み合わせのことを指摘され悩んでいたそうです。 咬み合わせとあごの重要性についてもすぐに理解していただき、それ以来、親しくおつきあいさせていただいています。

堀井さんは、以前から、はっきりとした目標を持っておられて、将来、政治家になって、教育問題を中心に活動していきたいとおっしゃっていましたので、まさにそれがスタートしたと言うことです。 堀井さんは、本当に、人間的にもすばらしい方です。 それは、オリンピックにおいて、栄光と挫折の両方の経験をされ、それを自分の力で乗り越えてきたからだと、ノリノリオヤジは密かに思っています・・・・

そんなわけで、今日のひと言、ギャグセラピー。

堀井学さん、北海道メダルは、これからの政治的サクセス物語のダイナミックな金メダルです!

堀井学さんのホリイは、ホーリー(英語のholy)、つまり、神聖(holy)なことを学んだ、ほーりー学ぶということだったんだー!(笑)

今日は、嬉しすぎて、ギャグがいまいちつまらなかったようで・・・・・すいません・・

おや?自虐?  おやじぎゃぐ?  オヤジギャグ! バンザーイ!!

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ!

佐藤嘉則院長のオヤジギャグブログ「夫婦喧嘩は、科学的にも損だった!」

カテゴリ: 院長のオヤジギャグブログ   2007年4月8日

ヨーシノリノリオヤジです。

「夫婦喧嘩は、科学的にも損だった!」

昔から「病は、気から」という言葉がありますよね。 精神的、心理的ストレスと病気との深い関係における科学的証拠を一つお話ししますョ。

2005年米国オハイオ州立大グレイザー博士らのグループが、次のような実験を行いました。 結婚して平均12年になる、22~77歳までの健康な夫婦42組に対し、皮膚の上に人工的なキズ(直径8ミリ大の小さな水疱)をつくって、その治り方を詳しく調べたのです。

その結果、夫婦間の問題解決法を話し合った後に比べると、夫婦喧嘩をした後は、キズの治りが遅く、免疫力も低下していました。 また、驚くべきことに、いつも仲の悪い夫婦のキズは、仲の良い夫婦のキズに比べて60%までしか直っていなかったのです!

このように精神的、心的なストレスが、キズの治り方の経過や免疫力に、悪影響を及ぼすことがはっきり証明されたのは本当に画期的なことなんです。 さらに、ガンに対しての悪影響まであるとか!。

心と体は、お互いに深く、強く影響し合って健康というものが、できているんですねぇ。 つまり、こころがゆるむと、からだもゆるむんですね~

そんなわけで、今日のひと言、ギャグセラピー。

健康で、明るく、ハッピーに暮らしたい人の心得。

夫婦喧嘩で、心と体にキズを付け合うよりも、夫婦仲良く絆(キズナ)を築(キズ)こうよ!

妻が、夫の勢にばかりして、文句を言ってると、脂肪も付いて、オットセイになるんだよ~

夫が、妻に文句ばっかり言っていると、妻から、つまはじきにされるんだよ~

だから、キズは、付け合うんじゃなくて、なめ合うんだよ~!(はぁ~?!なんか、意味?間違ってない?)(笑)

ふ~~ん? おっヤジ?! オヤジ!! これでいいのだ!

 

上に戻る

アーカイブ