お知らせ


HOME > メディア情報・講演

2006年11月 のアーカイブ

HBC HanaTV インフルエンザ特集

カテゴリ:タグ: , , , ,
メディア情報・講演   2006年11月27日

2006年(平成18年)11月27日

HBCテレビ「Hana*テレビ」「堀 啓知の噂のGENBA」のコーナーでコメント取材されました。

hana112701

「インフルエンザの予防に歯磨きが効果的」

キャスター堀啓知さん
「そろそろ風邪、インフルエンザがはやり始めて、心配な時期になりましたが、皆様は、何か対策をしていますでしょうか?」
hana112704
佐藤院長 インタビュー

・インフルエンザの予防に新説
予防接種・手洗い・うがい・加湿器
「歯磨きが有効って聞いたことがありますか?」
「ないです。」
hana112702
・毎日新聞の記事より
インフルエンザの日常生活での予防。
うがい、手洗い、予防接種
歯磨きで口中の細菌減
バランスの取れた食事
hana112703
東京歯科大学の奥田教授
2003年~2004年にかけての調査。
口腔ケアと、歯磨き指導をしたお年寄りは、98人中一人(1%)
指導を実施しなかったお年寄りは92人中9人(10%)がインフルエンザにかかった。
約10倍の差

キャスター掘啓知さん
「実際に、インフルエンザ対策として、歯磨きは効くんですか?」
院長
「実は、最近やっとわかってきたことなんですが、歯周病菌、虫歯が、インフルエンザウイルスにすごく関係していることが分かってきました。
インフルエンザウイルスには突起があるんです。そのままだと、細胞の中に入っても悪いことはしないんです。中に入るためには、突起が切れたり、溶けたりするという作用が必要になります。それで、細胞に入りやすく、増殖しやすくなります。

プロテアーゼという酵素があります。それは、歯周病菌から出る酵素なんです。その酵素が、インフルエンザウイルスの突起を切る役目をしているということが、最近分かったんです。」

hana112705  hana112706  hana112707
「歯周病菌が増えるということは、インフルエンザウイルスを体内に入りやすくする原因となってしまうことが、分かってきました。」

堀さん
「そこで歯磨きが、予防につながるということですが、どんなタイミングでしたらいいのでしょうか?」

院長
「予防という意味では、外に出たとき、人と接したとき、歯と歯ぐき、下を磨く、うがいでのどの菌をやっつけます。」

キャスター渡辺陽子さん
「うがいをするタイミングで歯を磨いたらいいんですね。」

日本ハムファイターズ優勝パレードをクリニックの窓から鑑賞

カテゴリ:タグ: , , , , ,
クリニック,スポーツ   2006年11月18日

マネージャー真弓です。

今日は日本ハムファイターズの優勝パレードがありました。

うちのクリニックは駅前通りですからねー。ベストポジションです。

当日は診療日だったので、朝9時前に大通り駅をおりて
札幌駅方向に歩いているとすでに何時から待っているのか
結構な人が寒い中パレード沿道に場所を確保していました。

どんどん人が増えてきて、予約の入っていた患者さんも
なかなかたどり着けずに遅れてくるほどでした。

パレードの時間にはビルに入るのも大変だろうと、
意図的に患者さんの予約をずらしていたので、
院長をはじめ私たちスタッフもそして来ていた患者さんもパレード観ることができました!

札幌駅を正面に臨む階段の踊り場と、給湯室がベストポジションで、
それぞれの窓に一人ずつ張り付いて楽しみました。

曇っていた空も、パレードの時間までには晴れて、
見たことも無いほどの紙ふぶき、オープンカーに乗ったヒルマン監督と選手、
バスの上から手を振る選手たち、
コートを着た新庄選手などをゆっくり見ることができました。
新庄選手は自分の手袋を投げてましたね。

結構あっという間に通り過ぎてしまったパレードでしたが、
終わった後はファンの皆さんが必死で紙ふぶきを拾い集めているのにはびっくりしました。

いつまでもいつまでも拾っていて、しばらくしたら通りはすっかりきれいになっていました。

北海道のファイターズファンってすごいですね。
めったに無い素敵な体験を楽しみました。

上に戻る

アーカイブ