お知らせ


HOME > メディア情報

2006年3月 のアーカイブ

HBCテレビ 朝ビタ FAPホワイトニング取材

カテゴリ: メディア情報   2006年3月23日

HBCテレビ「朝ビタ」でFAPホワイトニングが取材されました。

キャスターの渕上紘行さんにFAPホワイトニングを体験していただきました。

佐藤院長
「タバコを吸う方はヤニで歯が汚れます。また、コーヒー、紅茶などタンニン系の物で汚れやすくなります。
ブドウやリンゴなどの(果物の)酸によって、カレーなどの着色を呼び込んでしまう。
また、年齢とともに歯の色がくすんだり茶色っぽくなることがあります。」
「FAPホワイトニングとは、白くしたあとにフッ化アパタイトを吸着、コーティングしていくことで、虫歯予防効果もあり、歯をより丈夫に、より白くしていこうということを考えたホワイトニングなんです。」

ホワイトニング体験者
歳を重ねるごとに歯が変色してきたという女性
方波見いおりさん
「白くなることで自身が出るような感じになりました。」
「前よりは人前で自身を持って笑えるようになりました。」
渕上さん
「それだけ口元って自分でも意識していることろですものね。」
方波見さん
「はい、もう大満足です!!」


歯がどれだけ白くなるのか渕上さんに体験していただきました。
本来は5回続けて行うホワイトニングを渕上さんに1回体験していただきました。

1.まずは、フッ化アパタイトという歯と同じ成分を吸着させる薬剤を歯の表面に塗ります。
2.全体に塗り終わったらそのままの状態で15分おきます。
3.そこで、塗ったフッ化アパタイトをへらを使って丁寧に取り除いていきます。
4.もう一度、同じ薬剤を全体に塗って、さらに15分おいた後取り除いたら終了です。

渕上さん
「どうなりましたか?」
鏡を見て「あー白くなりましたねー!!」

院長
「表面がツルツルした感じにだと思うんですよね。。もっとやるとさらに光沢が出ますよ。」
渕上さん
「これはどれくらいしろくなったんですか?」
院長
「5回のうち一回ですけど3段階白くなりました。」
「最初はA3.5から今見るとA3になっています。」(歯の色見本を見ながら)
渕上さん
「これは回数を重ねると本当にどんどん白くなるんですか?」
院長
「白くなるスピードは歯の質によっても違いますから、5回だけではなくて10回、一番する方は20回までする方もいらっしゃいます。やればやるほど歯はツルツルしてくると思うんですね。」
渕上さん
「一時間も掛からずにこれほど効果が出るのはいいものですね!」

札幌の情報誌 「LAJU」に審美歯科治療の紹介

カテゴリ: お知らせ   2006年3月1日

札幌の情報誌 ニュートンハウス 「LAJU」 2006年3・4月号で
審美歯科治療が紹介されました。
laju

記事より

オーラルケア

笑顔からこぼれる白い歯に
ココロがふっと軽くなる。

キュートな笑顔に隠された
笑うことへの不安

「私、審美歯科に通おうと思って」

1月号メイク特集の打ち合わせ終了後
おもむろに打ち明けてくれたのは
ヘアメイクアップアーティストの鈴木晶子さん。

「1本だけ変色しているのがずっと気になっていて、
しかも前歯が少し出ているの」
装離す表情は、言葉と対照的に明るい。
いつもの彼女のままだ。

鈴木さんと一緒に仕事をするようになってもう2年が経つが、
前歯が気になったことなど一度もない。
私に観察力名無いとも言えるが、
とにかく鈴木さんは良く笑う。

他愛のない話でモデルの緊張をほぐし、
カメラマンと冗談を言い合う。
撮影現場を一気に明るくするような、笑顔が似合う女性なのだ。
そんな彼女に思いもよらぬコンプレックスがあった。

「友達に相談したら、3人が3人揃って
『歯が出ているのが晶子らしさ、愛嬌だよ』って
そういってくれたのは嬉しいんだけど、
『やっぱりいんな感じてたんだ!』と
決意したのはその時かな」

前歯が変色し始めたのは25歳の時。
ぶつけたのが原因だという。
「その時は折れたわけじゃないから、
神経が死んだなんて気付かなくて」
知らぬ間に一本だけ茶色に変色し、歯科に見せた時は
「良くここまでほおっておいた」といわれるほど化膿していた。

それが3年前のこと。
「根の治療をしてもらって、一時的だけどホワイトニングもしてもらったの」
その白さに感激した分、3年たってまたもとの茶色に戻ったことが
心を動かすきっかけになった。

・本来の歯を生かすこと。その情熱が本当の価値。

「一本治すのに6万~11万円かかるって言われて
それはひるむよね。」と笑う鈴木さん。

それでも、一番高価な素材を選んで
「本当にやってよかった」と思うのは
一本の歯に凝縮されたプロのわざと心意気を
目の当たりにしたから。

鈴木さんの場合、前歯2本の形状を色合いを整えるため
歯の表面を削って人工資材を被せることに。

イメージする歯を伝え、まず何処まで削るかを話し合った。
「前へ向かって少しねじれて生えていたので、
本当はほとんど削ってしまったほうが
新しい歯を合わせやすかったんだけど、
先生が、『残っている神経はそのままにしておいた方がいい』
といってくれて」と鈴木さん。

以前に神経を失ったのは前歯の2本のうちの1本だけ。
あらゆるアングルで写真を撮り、神経を残しつつも
美しいラインを作れるよう、ぎりぎりの線を練りだした。

写真に書き込みながら、丁寧に説明してくれた先生に
信頼は増したと言う。

色については、他の歯や歯ぐきと違和感が出ないように
何十種類もあるサンプルを使って調整。
一度作ったものが会わなければ、歯科技工士を呼び、
3人で修正点を確認した。

「ミリ単位の修正で、みえ方や、口の中の感覚が変わるなんて、
思っても見なくて、しかも神経のあるなしで
被せる歯の作り方が全然違うの」

妥協しないプロの姿勢に、鈴木さんは心から感服したという。
安心して任せられる、それが表示された価格に秘められた
もっとも価値あるものだった。
・今だからわかる。将来もずっと必要なもの。

鈴木さんが通ったのは札幌駅前通り沿いにある
「幸健美歯科クリニック」
あごずれやかみ合わせなど、身体全体のバランスを整えることから
根本的な治療を行う。

「あごは5Kgもある頭部を支える重要な器官。
全身を支える筋肉にも連動しています。
顎や咬みあわせがずれているということは、
重心バランスがずれている証。
根本を直さないと、そこから派生する
顔や身体のゆがみも改善されないんです。」
と院長の佐藤先生は話す。

健康面や審美面でのバランスが、
最終的には心のバランスにも影響する。
心と身体はいったいなのだ。

「歯並びや色も同じで、
コンプレックスがあると自然に笑うことができません。
患者の中には歯並びのせいで
アナウンサーの試験に落ちたと駆け込んできた人もいます」

笑った瞬間、「また大口を空けてしまった」と
落ち込む気持ちがわかるだろうか。

一つのことが原因で、心のすべてが内側に向いてしまうことがある。
普通なら笑い飛ばせてしまうことが、
断ち切れない深い傷として残ることも。

そんな状態は、やはり健康とはいえない。
「身体も心もトータルでケアが必要。
芯の健康美歯そこから生まれるんです。
美はここの価値観による。
やるもやらぬもここの判断。
しかし自分に自信が持てたとき、一歩前に出る力が湧くことを
誰もが経験しているはず。

「大きく笑えるということは、前向きな証拠。
見た目を少し帰るだけで、
内に入っていた気持ちが外に向くんです。」

それは鈴木さんの笑い方にも表れたと言う。
より自然体で優しい笑顔になったと、
笑顔は自分を勇気付け、周りの人の心を暖める。
その輪はどんどん広がり、心を豊かにする。
約1ヶ月間、計6回の通院で、美しいスマイルラインを
手にした鈴木さんは、魅力的な笑顔で、こう語った。

「ホワイトニングをしてもらった20代の頃は、
何十万円も出して、歯の治療をするなんて
考えられたかった。
でも、歯は一生もの。長い目で見て自分のためになることに
お金を費やしたいと思うようになったの。

それは、30代になった今だからこそ思うことなのかもしれない。」

laju01 

laju02

アーカイブ