患者様の声

さまざまな症状でお悩みになられていた患者様からいただいた、治療後のご感想をご紹介いたします。

集中力の欠如、疲れが取れない日常につねに辛さを感じていました。

37歳 女性

頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれ、眼精疲労が10年ほど続き、集中力の欠如、疲れが取れない日常につねに辛さを感じていました。食事中にほっぺたを噛んでしまったり、言葉が発音しづらかったりという症状もありました。
 
 脳ドックを受診しましたが正常で、マッサージに行きましたし、目薬をさしたり、食事療法やサプリメントも試したりしました。もしやと思い婦人科にも行ってみましたが、異常ナシ。結局、これといった原因を特定することはできませんでした。自分でできること、考え得ることはすべてやってみたのですが、どの方法も改善には至りませんでした。そんなときに「もしや」と思ったのが歯でした。そこで「歯」や「噛み合わせ」が原因ならばと、思い、「ダメ元でいい。もし10分の1、100分の1でもいまの状態が改善できればラッキー」くらいの気持ちで幸健美歯科クリニックを訪ねたのです。

 説明も分かりやすく納得できましたし、修正体験で身体の変化を実感したことから、治療をお願いすることにしました。マウスピースを使った治療がスタートして1か月ほどで、耐えられないほどの頭痛がなくなったのです。10年間悩んでいた症状が約1か月で激減したのはすごいと思いました。またしゃべりづらさや、声が籠もることもなくなり、食事中にほっぺたを噛んでしまうというストレスもなくなりました。もう、夜中に肩こりや頭痛で起きることもなくなって、ダラダラ寝ていることもありません。そして、思わぬ副産物もありました。それは視力がよくなったこと。眼科医に「君の年齢で視力が上がるのはめったにない」と不思議がられ、結局2度ほどメガネの度数を変えることになりました。

頭痛薬が手放せなかったので、湿疹、胃腸障害を起こしていましたが、頭痛や、肩こり、首こりもなくなったことから、薬はほとんど飲んでいません。そのため胃腸の調子が良くなり、また湿疹が出る頻度も少なくなりました。

27歳 男性

顎関節症を原因とする頭痛、肩こり、首こり、そして頭痛薬の服用によって湿疹や胃腸障害を併発していました。顎関節症については、3か所の口腔外科に行き、3か所目は大学病院でしたが、まったく改善されることがありませんでした。そんなときにテレビで顎関節症と頭痛との関係性を紹介する番組を見て、インターネットで検索して幸健美クリニックにたどり着きました。

こちらでは、アゴのずれが体調不良の原因か否かを、スティックなどを噛むことで検査しますが、アゴずれが原因ならば、一瞬で改善反応が見られると説明されました。そこでスティックを噛み、アゴのズレを一時的に修正してもらったところ、瞬時に肩と首のこりがなくなったのです。また身体もラクになったことで、「これは治る」と確信を持ち、治療を受けることにしました。

顎関節症も良くなり、口も開きやすくなりました。頭痛薬が手放せなかった頭痛や、肩こり、首こりもなくなったことから、薬はほとんど飲んでいません。そのため胃腸の調子が良くなり、また湿疹が出る頻度も少なくなり、かなり状態は良くなっています。

「頭痛に悩まされない、本来の自分と元気を取り戻す」ことを夢見ていました。

34歳女性

 20歳のころにアゴに痛みを感じて、口腔外科に行ったところ、顎関節症という診断を受けました。1か月に一度、マウスピースの調整のために通院しましたが、一向によくならないだけでなく、頭痛もするようになってしまいました。
 そのことを医師に訴えると、噛み合わせに問題があると言われ、今度は噛み合わせの治療を行なうことに。しかしこの治療によって、柔らかいものしか食べられなくなってしまったのです。食事を選ぶ基準はアゴに負担をかけないこと。自分の食べたいものではなく、いかにど柔らかい食材を探すことが私の食事になったのです。しかも食事の後は頭痛がひどくなるので、食後は薬を飲んで横になり、頭痛が収まるのをじっと待つ、という生活でした。
 そんな生活を送るなかで、このまま口腔外科に通い続けて治るのかという疑問も出てきましたし、医師に相談しても治療は噛み合わせの調整と頭痛薬の処方というワンパターン。整体にも行きましたが、調子の良さも一過性にすぎず、このままでは好きな物も食べられず、一生頭痛と付き合うのかと思い、絶望していました。

 藁をもすがる思いで幸健美歯科クリニックに行き、噛み合わせ相談で仮にアゴを正しい位置にしてもらったところ、その瞬間に文字通り目の前が明るくなったのです。口腔外科では私の症状は一切、理解されていませんでしたから、治してくれる歯科があったということにビックリしました。
 
 アゴがこれほどの作用を身体にもたらすことに驚き、治療がスタートしてからは「頭痛に悩まされない、本来の自分と元気を取り戻す」ことを夢に見ていました。
 最初の1か月~半年は頭痛がしたり、体調の良い日と悪い日を繰り返しましたが、良くなっていることがわかっていたので、焦りを感じることはありませんでした。そうこうしているうちに、それまで外出もままならなかった私が遠出もできるようになり、いまでは仕事ができるまでに回復。ときにハードな日もありますが、そんな日でも仕事をしていなかったころに比べれば、以前よりも体調がいいです。
 
 この治療に出合わなければ、肩こり、頭痛に悩まされ、仕事にも集中できず、薬が手放せない生活だったと思います。

倦怠感がひどく、泥のように重い体を無理やり動かすという毎日でした。ストレスでアゴが緊張して痛くなり、首の筋肉が固くなり、脳の血流が悪くなり、そして腰痛も起こるという説明がいちいち腑に落ちました。

40歳 女性

10代のころから慢性的に左肩と左腰にしびれがありました。また倦怠感がひどく、泥のように重い身体を無理やり動かす、そんな毎日を送っていました。つねに首や肩がかたくなっており、疲れると腕をあげるのもおっくうになるほどひどくなりました。また疲れると気分の落ち込みが起こり、そんなときは無性に甘いものが食べたくなったものです。いろいろ試してみましたが、よくなるどころか、頭がぼんやりしたり、フワフワするようなめまいを起こすことが多くなり、仕事でもミスするようになってしました。脳への血流が滞っていることを疑い、血流促進効果があるとされるサプリメントも試してみましたが、改善はありませんでした。

院長先生の、ストレスでアゴが緊張して痛くなり、首の筋肉が固くなり、脳の血流が悪くなり、そして腰痛も起こるという説明がいちいち腑に落ちました。

マウスピースを使うようになってからは、急に身体が軽くなり、歩き方も速くなりました。いまはすっかり症状がよくなって、パワーもあります。それに落ち込まなくなり、甘いものへの依存もなくなりました。また以前は声のとおりが悪く、話しづらかったのですが、身体の歪みが消え、軽くなっていくとともに、声も良く出るようになって、話しやすくなってきました。

いまは多方面にわたりQOLが向上したことを実感しています。

常用していた肩こりの薬も飲む必要がなくなっています。アゴずれを一時的に修正してもらったときの効果を実感できたことも決め手となりました。肩こりの劇的な軽減に驚いています。

33歳 男性

慢性的な肩こりに悩まされ、整体に行ってもすぐにこってしまうという状態でした。整体では解決できない、根本的な対策はないかと探していたときに、インターネットで紹介されていた治療体験を見て、幸健美歯科クリニックにたどり着き、「アゴのずれがほかの箇所に影響を及ぼす」という考え方に大いに興味を持ちました。

アゴずれの考え方はもちろんですが、アゴずれを一時的に修正してもらったときの効果を実感できたことも決め手となり、治療を始めてもらいましたが、肩こりの劇的な軽減に驚いています。

以前は事務仕事をしていると背中から頭にかけて重くなる症状が続いていましたが、いまではすっかり改善。常用していた肩こり用の薬も飲む必要がなくなっています。

体調の不良は歯が欠けた3年前から始まりました。身体が痛くて、よく寝ることができませんでした。

36歳 女性

子どものころから口を大きく開けると曲がってしまうので、ずっと気にしていました。3年前、1年前に2度にわたり、奥歯の一部が欠けてしまったことから、食いしばりのクセがあることに気付きました。

体調の不良は、最初に歯が欠けた3年ほど前から始まりました。背中の痛みで早朝に目が覚めてしまったり、起床したときに首や肩が痛く、朝まで熟睡できない状態でした。またいびき、鼻づまり、とくに冬になると鼻血や手足のしもやけに悩まされていました。

クライミングとヨガを5年ほど続けており、食事面にも気を付け、身体のセルフメンテナンスには気を付けていましたが、これら症状が改善されることはありませんでした。
ただ歯が欠けたときに、食いしばらないよう気を付けて生活したところ、肩こりが少しやわらいだことから、噛み合わせを直せば、食いしばりや肩こりが治るのではないかという期待がありました。そこで噛み合わせや食いしばりについて調べていたところ、幸健美歯科クリニックのホームページを発見したのです。

カウンセリング時にアゴの位置を調整してもらった際に、こりこりしていた左の首筋が、一瞬にしてほわっと暖かくなるのを感じ、触ったときもまるで搗き立てのお餅のようにふわふわと柔らかくなっていた衝撃は忘れられません。

マウスピースを使い始めてから、動かすと痛かったり、筋肉痛のような状態になりましたが、朝まで眠れるようになり、背中の痛みもなくなりました。ヨガではできなかったポーズができるようになったり、クライミング時は身体の安定感が増したと実感しています。また気分の落ち込みや消極的な気分がなくなり、毎日明るく過ごせるようになったこと、疲労感が少なくなり、1日にたくさんのことをこなせるようになりました。アゴが身体だけでなくメンタル面にも影響があったことに驚いています。

↓↓【下記のタイトル又はアンケートをクリックして、患者さんの生の声をご確認ください。】↓↓