院長紹介

院長
幸健美歯科クリニック 院長
佐藤嘉則

 原因のはっきりわからない痛み、体調不良、うつ症状などは、
あごの位置のずれ・かみ合わせが関係していることがあります。
 院長である私は、ある出来事をきっかけとして歯科医院を2年間休業し、
「あごずれ・かみ合わせ」に関する研究に没頭してきました。

 そして、あごの位置を正しくするための特殊なマウスピースを開発、特許を取得しました。
 従来の歯科医療では解決できずに長い間、苦しんできた患者さんの悩みを
当院の専門的治療で解消できればと願っています。

 あごずれ・かみ合わせが全身に影響をおよぼすということは、
なんとなく広く知られてきていますが、その因果関係は
歯科医療関係者の間でさえ十分に理解されているわけではありません。
 パソコン、スマホ、うつむき姿勢、ストレス社会の中では、
特にあごのずれからの不調が、昔より起こりやすくなっています。
それが、精神、身体に様々な悪影響を与える要因となっているのです。

 幸健美歯科クリニックは、各分野の最新の歯科・医科理論を中心とした、
さまざまな治療やケアを通して、心身の健康をも含めた「真の健康美」を目指し、
患者さん個人個人の幸せのために努力してまいります。


幸健美歯科クリニック 院長 佐藤嘉則(さとう・よしのり)
一般社団法人 日本調療協議会 理事長
日本構造医学会、日本審美歯科学会、全身咬合学会
日本口腔インプラント学会、FAP美白歯科研究会会員等

1981年 明海大学歯学部卒業
1996年 総合病院歯科勤務などを経て、歯科クリニック開業
2002年 長期の体調不良に悩む友人との再会をきっかけに、新たな分野に挑戦することを決意し、クリニック一時閉院。
      2年間の集中学習生活に入る。
2004年 幸健美歯科クリニック 顎・咬合センター開業
2009年 一般社団法人 日本調療協議会理事長就任。
2013年 『口腔周辺筋強化マウスピース』特許取得
2015年 書籍出版「なぜ、あごの位置を正すと、痛み・歪みが消えるのか?―あなたの身体はあごで激変する」 佐藤嘉則著 ワニブックス ワニplus新書

現在は顎のバランス、心身の調和からのホリスティック歯科医療の追求の為、様々な活動を展開中。
他科のドクターや他分野、他業種のスペシャリストの方々とのネットワークも広がりつつある。
また、TVやラジオ、新聞、雑誌などでユニークな活動が認められ、度々取材されている。

HOME